« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月 アーカイブ

2006年04月30日

省みること

ちょっと前のJリーグの試合で、
ペナ内で倒されたのに逆にシミュレーションを取られてみたり、
イエロー2枚目なのに主審がそれに気づかず選手が自己申告して
退場となったりといった出来事がありました。
まずシミュレーションのシーンですが相手(GK)は選手には確かに触れているようです。
ただ触れればファウルとは限らないのがこの競技の既成事実、
ましてペナ内でちょっとアクシデンタルに触れたとなれば
主審としては笛は吹けないでしょう。
PKにはならないシーンだったと思います。
ただ、触れているのは事実で、
触れ方が倒れたことと因果関係なしとできないプレーだったので、
「触れたふり」を対象とすべきシミュレーションにも該当しないと思われます。
レベルの高いプレーの中、
チームを有利にするための演技的要素を交えた一流の選手たちを相手にしつつ、
こういった要素を瞬時に見極め判断することは非常に困難であり、
優れた素養と多くの経験が必要でしょう。
それができることを前提に審判を任せているわけですが、
私たちも「何だあの審判」と思う前に難しさをよく自覚すべきでしょう。
そうすれば「あの審判はダメ」とか
「人で見ちゃう」ような先入観を持つという罪悪感からは開放されるはずです。
先入観といえばまずいなと思ったのがこのプレーで倒された選手のコメント。
「僕だから(シミュレーションの)イエローが出た」というようなことらしいですが、
先入観をもたれても仕方がないようなプレーをしてきたという自覚はあるようなので、
向けるべき鉾先は先入観を持った人間ではなく
今まで「オオカミが来た」と嘘をつき続けてきた自分であり、
その先入観は今後の自分のプレーで打ち消していけることにも気づくべきでしょう。
彼のプレーはワールドクラスまでは行かず、ハイレベルな相手には通用しなかったり、
ともすると相手の攻撃のフォーカスとなったりと
代表のアキレス腱ともいえなくもないのですが、
あの鋭さは日本にとって欠かせないものでもあり、
彼以上の適任者もこれといって見当たらないことを考えれば、
より必死でプレーして「通訳」以上のポジションを勝ち取って、
結果を出して、謝罪スレッドを立てさせてほしいと思います。
ホントはちょっとしたことで転んでんじゃねえ、ってだけなんですけど。
もうひとつイエローが2枚目だと自分で出しておいて忘れていたことについては
やはり咎められなければならないでしょう。
審判が絶対に失っていけないはずの「冷静さ」をロストしていた明らかな証拠です。
こういった審判が我を失っているようなケースでは
欧州のトップレベルではどうしているかというと、
選手たちは敵味方関係なく声を掛け合い熱くならず自分たちが落ち着こうとします。
判定に熱くなって文句を言ったり突き飛ばしたり執拗に絡んだりして、
いいことが今まで一度でもあったでしょうか…。
考えあってやってることもあるようですが…。

2006年04月23日

独逸侵略(その1)

いよいよW杯が近づいてきた…そんな実感が増しつつあります。
2002年の日韓大会や一昨年のユーロなどのように
「もうおなかいっぱい」というほどチケットは取れておらず、
空いた日に何しようかと悩まないでもないですが、
いつも詰め込みすぎて駆け足になる旅行ばかりしていることを考えれば、
たまにはのんびりマターリしてみるのもいいかななんて思ったりもします。

2006年04月16日

ブランド志向

前にネットの掲示板かなんかで見たのですが、
各出場国の選手のポジション配置図に選手の名前ではなく
選手の所属クラブを当てはめていって、強さを見比べるというもので、
これを見ると格付けに弱い私なんかは
クロアチアやオーストラリアのほうが強そうじゃんと思ってしまいます。
無論、所属クラブではなく所属クラブでどんな活躍をしているのか、
そしてそれ以上に、
どんな選手であるか、どんなチームプレーができるかということが重要なのですが…。

2006年04月09日

Graduation from Growing Story

小野伸二選手が浦和に戻ってプレーしていますが、
同じ選択をした方がいいような選手が結構いるよなと思う今日この頃。
ピークを過ぎたかなあという印象は否めません。
そしてこれからは日本代表というのは成長物語の舞台ではなくなり、
そのときの最強メンバーによる同じ舞台の時を違えた
焼き直しになっていくのかもしれません。
これ以上の伸びしろを望めず、かといって弱いままでもない今の代表を見ると
極端な若返りでもない限りそんな感じがします。

2006年04月02日

ペシミスト

本番ではもっと押し込まれるだろうなあ…、
こんなにセカンドボールは拾えないだろうなあ…。
というのがエクアドル戦(途中から見ましたが)の印象でした。

« 2006年04月 »

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

About 2006年04月

2006年04月にブログ「MONO-LOG」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年03月です。

次のアーカイブは2006年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34