« 2006年11月 | メイン | 2007年01月 »

2006年12月 アーカイブ

2006年12月24日

ベトナムフォー

ハノイかぁ…。行こうかなぁ。どうしようかなぁ。
1試合くらいなら何とかなりそうだけどなぁ。
それよりカタール。アジア大会優勝はホームだからだとばかり思ってたけど、
どうも結構な曲者のようだ。いい準備をして勝ちたいものだ。

2006年12月18日

逃した魚

 インテルナシオナルが緻密に分析し
チームがそれを自分のものとして徹底していたのが手に取るようにわかった試合だった。
強い相手と戦うときに一生懸命考えて対策を練ることの重要性を自身で示してくれたと思う。
もっともセレソンに代表されるあの華麗で楽しいサッカーの欠片を探すのが大変ではあったが
大事なことは試合に勝つことと割り切り実を取ったということだろう。
バルサは即興でどうにかする手もあっただろうが、
その策を見せてもらえなかったことが残念でならない。
スペクタクルぶりは初戦で十二分に見せてもらったから、
欧州を勝ち抜いたしたたかさの片鱗こそ決勝では見せてほしかった。
そんな印象のクラブW杯でした。

2006年12月17日

ワイドビュー

シドニー五輪予選を見に行ったときに買ったディスプレイを新しいのに交換しました。
安かったんで(そしたら週末もっと値下げしていてむかついた)。
発色が鮮やかで自分が作った壁紙も見る人によって
少しずつ違うんだなということを確認したしだいです。
ディスプレイのサイズも多様化しているので、
壁紙づくりもいろいろ考えてみたいと思っています。

2006年12月09日

流れお構いなし

生観戦することの何が良いかって、
無駄に騒いだりプレーの流れに関係なく資料を読んだりする
ひどい実況に付き合う必要がないってことも言えるかもしれません。
今クラブW杯見てるけど会場内音声だけ選択できねえのか。

2006年12月03日

44都道府県制覇

といいつつ、私の国内線国盗りゲームは残すところ山陰と山口だけとなりました。
われながらよくまあ歩いたものです。
これらの地域には来年あったかくなってからと思っていますが、
試合とぶつけたりすること、100箇所の大台にどう区切りをつけるかなど、考え中です。

身の丈観戦

今年は海外でしかサッカーを見ておらず、お前はどこのセレブ気取りじゃという、
他人が聞いたら非常に感じ悪いことをしていたので、
Jの最終節、フクアリで試合を見てきました。
浜風が強くて体感温度が低く北国の私でもガクガクブルブルしながら見ましたが、
やっぱりスタジアム生観戦は何にも代え難い臨場感です。
弾んだボールの微妙なぶれや選手の体の切れ具合は生でないとわかりません。
今の技術のハイビジョンでも無理でしょう。
そしてマリノスといえばギャルサポ。
いろんなところに行くことが目的と化していた今年の私でしたが、
サッカーを見ることはやっぱり楽しいといまさらながら確認しました。

« 2006年12月 »

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

About 2006年12月

2006年12月にブログ「MONO-LOG」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年11月です。

次のアーカイブは2007年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34