« 2008年04月 | メイン | 2008年06月 »

2008年05月 アーカイブ

2008年05月28日

6月決戦

今年のキリンが終わりました。6月の4連戦の壮行試合として
有意義な試合であり、相手であったと思います。
パラグアイ相手にホームで0-0というのは、
実力を額面通りに映し出しているといえると思います。

さて、3次予選4連戦ですが、ここでの目標勝ち点を10と見たいです。
CLのグループステージだと大体勝ち点11くらいで決勝Tには上がれるのですが、
序盤は勝ち負けがはっきりついたので、高めの設定が必要でしょう。
ホームは2戦必勝、アウェーのバンコクでも勝ち点3、
マスカットでドローという星勘定です。

ただ、この皮算用を実現するために、必死で1点を取りに行かなければならない状況は
必ず出てくると思われます。
勝ち点1を3にするために何としてもゴールが必要なシチュ、
勝ち点0を1にするために何としてもゴールが必要なシチュ、
後者にあっては勝ち点3どころかこのままでは負けてしまうという、
目標実現が不可能な状態となってもここまで持ちこまなければならない
シチュもあるかもしれません。

言いたいことはこういったシチュを頭に入れてこれまで練習なり試合なりを
こなしてきているかどうかというところです。
まだそのテストはしていないというのであれば、今からでもいいので
必死でゴールを獲りに行くテストを実践してもらいたい、
ポゼッションもボール回しもリズムも流れも非常に良い時間帯があるが、
その時間帯は有限であり、さらにそこでゴールできない時もある(昨日のパラグアイ戦)。

この「自分たちのサッカー」以外で点を取れるとすれば、
相手にミスをさせてボールを高いところで奪い、手数をかけずにゴールするか
セットプレーくらいしか思い浮かびません。
点を取れそうな状況をたくさん作りその中の何度かを確実にものにする、
言うは易しであることは自分でもわかっているつもりですが、
ゴールを奪うことは勝ち点3を挙げるための必要条件です。

私も気合を入れて応援します。
ここまでいろいろ並べたてましたが、勝ち点3を積み重ねられるのであれば、
内容は不問で構わないと思います。
出ると出ないでは天と地ほどの差があるW杯、
日本サッカーの将来的な発展よりも、
目先の勝ち点3を優先する。
それがワールドカップの予選だと思います。

本大会に出ることが何より、将来的な発展の糧となるわけですから…。

2008年05月21日

協会のエンブレムを北京五輪でユニにあしらえないかもしれない件

商標登録しているのが問題のようですが、
W杯にしろ五輪にしろここまで商業化を進めておいて
スペインの王冠もオランダのライオンもフランスのニワトリも韓国の大トラも
スポンサーでもないのに今さらここだけどうして?
というのが一般的な感じではないかと。

声の大きな人がわけのわからないことをぬかして
ミスリードを招くというのはどこの世界にもあるんだなあと
苦笑してしまいます。いや、自分の周りがどうのという話ではなく…

ただ、商標登録の是非に関して言えるのは
商標登録していないと勝手に申請を出したりする恐れが
開催国のあたりで無きにしも非ず
というのは
既に何度も見てきたことなんでやらないわけにはいかないよ、
ということではないでしょうか。
もっとも日本の場合は防衛策というよりは広告代理店の戦略の方が強かったでしょうが…。

前にも書いたような気がしますが、あの三本足の烏は
公式的には三足烏というものでヤタガラスは引用されるにとどまっています。

2008年05月18日

updated

スタジアム写真館にスコットランド・グラスゴーにある
レンジャースのホーム、アイブロックスを追加。

正直言うと俊輔がセルティックに入るまではこっち寄りでしたw
大学がプロテスタント系というのはあまり関係ないすけど、
セルティックの横縞がちょっと…だったんで…。

アイブロックスでついに紹介スタジアムが200か所を数えました。

民度と治安

起こったことと伝えられていることに若干の乖離はあるようですが、
それぞれ言い分はあったとしても、
どちらかに一方的な非があるということではなく、
両成敗で行かなければならないんじゃないかなって思います。

そしてこれでは、サポーターと呼ばれる人たち以外の人たちが
サッカー観戦にスタジアムに行きたくても怖くて行けないという
意識が形成されてしまいかねません。
今回の騒動を見る限りでは、
グラスゴーやマドリードやドルトムントの方が、よっぽど安全です。
(大声で歌ったり喚いたりしている奴は多いが、人に危害を加えることはありません)

サポーターという言葉の意味をもう一度よく考えて見るべきだと思います。
少なくとも、クラブにホームページで謝罪させたり、
勝ち点はく奪の要因となったりといった迷惑をかける存在ではないはずです。

2008年05月11日

updated

スタジアム写真館にスコットランド・グラスゴーにある
スコットランド代表チームのホーム、ハムデン・パークを追加。

紺色のユニフォームが大好きです。
タータンをあしらっているときのモデルを持っています。

2008年05月08日

SouthernCross2008(2)

お知らせしたとおり、われわれにとっての
トラウマ国のオーストラリアに行ってきました。

現地は秋、紅葉する樹木もあり日暮れも早いのですが、
昼間は暖かくなり、過ごしやすい気候でした。
印象としては、
・北に太陽があることへの戸惑い
・町や交通システムは英国そっくり、
・中国人だらけ(チャイナタウン付近が拠点だったことを割り引いても)
南十字は見つけられませんでした。

サッカーはやはりマイナースポーツ、
AFL(オージーボールと呼ばれるやつ)が人気で、
空港はこれとワラビーズのお土産ばかり。
サッカーものは代表チームを含めて見つかりませんでした。

シドニー
・オリンピックスタジアム(ANZ Stadium)
・シドニー・フットボールスタジアム(SFS)

メルボルン
・テルストラドーム
・メルボルン・クリケットグラウンド(MCG)

以上が訪問したスタジアムで、順次紹介していきますが、
まだ去年の英国編が終了していませんのでそのあとで。

前泊したので大阪の鶴見緑地にも行きましたんでそれも合わせて。

しかし、長距離(長時間)移動は体力的にきつくなってきています。
それが今回一番感じたことでした。

2008年05月01日

Southerncross 2008

突然ですが、ゴールデンウィークでもありますし、
例によって出かけてきます。

今回のミッションは豪州への武力介入よ!
趣旨としては、スタジアム撮影はもちろん、
・初めての南半球
・最終予選に向けた下見
・スタアラマイル修行
・総2階建て旅客機A380搭乗
が挙げられるわ!

てなわけで行ってきます。

« 2008年05月 »

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

About 2008年05月

2008年05月にブログ「MONO-LOG」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年04月です。

次のアーカイブは2008年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34