« 2008年06月 | メイン | 2008年08月 »

2008年07月 アーカイブ

2008年07月28日

Before the Match

週末大阪行ってたら夏カゼひいちゃってサイアク

北京五輪、違う意味での関心しかなかったんですが、
仲間が野球を見に行くことになったということのほか
自分にも思いもよらぬ形で関わりが出てきています。

夏カゼひいた大阪のホテルのエレベータ。私はイングランドのポロシャツを着ていたら
水泳の英国代表チームの選手が乗り込んできて私のポロシャツに気づき
「♪イングラーンイングラーンイングラーン」(Here We Go)と歌い始めました。
夏カゼひいててリアクションできませんでした。
マザーカントリーオブレーザーレーサーくらい言えればよかったんですけど…
ウェアにはGBとありましたが、彼らはたぶんイングランド系なんでしょう。
そういえばベッカムの2002年も淡路島でしたよね。

先週は地元に合宿に来ているドミニカの柔道代表のチームが会社に表敬訪問、
たまたま近くに居合わせた私は記念写真を撮らされました。
その前にはドミニカがスペイン語だということで、スペインへの渡航経験のある私に
テキスト翻訳ができないか打診がありました。
和文西訳なんかできねっつの。それでも記念写真を撮ってGraciasとか言ったら
通じたらしく選手たちはニッコリしてくれました。

彼らの北京での成績が気になり、ちょっぴり肩入れしたくなる気持ちは当然出てくるのですが
もっと気にすべきことは
なぜ北京五輪なのに日本に居る私がこれだけの関わりを持つことができ、
彼らがなぜ中国国内にいないで日本にいるのかということでしょう。

もう一段踏み込んで私が不満に思うのは
みんなこれだけ中国入りを避けるような事態になっているのにもかかわらず、
大阪でやるべきだったと煽る日本人がいないことです。
何かと便利で親切な人が多く民度が(近隣より)高いとはいえ、
開催国ではない、物価の高い国を選択することはやはり普通ではありません、

地位と責任のある人には無理でしょうが、
一時野に下っている人がこのくらい言っても罰は当たらないし、
むしろ快哉を浴びることの方が多いような気がするんですが、
やっぱり、あの国には各方面での配慮が必要なんでしょう…。
あるいは、皆終わったことと片付けてしまい、
そうは捉えない私の民度が低いということなのでしょうか…。

2008年07月25日

中華連邦球

なんかタイガーショット続出の予感。

2008年07月21日

きよぶた

先日きよぶたでついにデジ一を購入。
夏真っ盛りだというのに冬ボ使用です。

サカーの写真を久しぶりに撮るということで、
撮影トレーニングのために地元の東北社会人リーグ2部の試合に行って
早速トライしてみました。
・オートフォーカスを使うか、
・1.5倍の焦点距離をどう捉えどのレンズを使うか
どんな写真を撮りたいかによって変わってきて、色々と悩む部分です。
自分の視力が衰えたり乱視が入ったりしてきて、
ピント合わせ作業が大変になってきているので
オートフォーカスで撮影することにし、合焦サインを信用してシャッターを切ったのですが、
ほとんど後ろにピントが合っていて使い物になりませんorz。
ただ以前サッカーフォトを撮っていた時も、失敗が当たり前と思って、
数撃っていたので、とにかくたくさんシャッターを切ることにしてみたいと思います。

本番までもう1回くらいチャンスがありそうなので
ちゃんと取説読んで再チャレンジしてみます。

updated

スタジアム写真館にイングランド・ロンドンにあるアーセナルのホーム、
エミレーツスタジアムを追加。

旧ハイベリーとエミレーツスタジアムは別のスタジアムとしてカウントしていますが、
次回掲載のウェンブレーは新と旧それぞれ別ページで掲載するものの
同じスタジアムですので1つとして数えます。

2008年07月14日

updated

スタジアム写真館にイングランド・ニューカッスルにある
セント・ジェームズ・パークを追加。

昨日はゲームをやってて更新サボってしまいました。

2008年07月06日

Disappointment

7月5日、もーのすごく久しぶりに平塚でベルマを観ました。

観ました、が、残念ながら
10年以上観続けていて今まで生で観た中で、

最も酷い試合でした。

ボロ負けしても一生懸命さを感じたりすれば、許せたりするものですが、
この試合は終わっても、「何だこの不愉快さ」という感じでもやもやしたものが残るだけで、
その正体に気づいたのは翌日の新聞を見てでした。

シュートが4本でした。

これでは絶対に勝てません。

確率論的には誤りでもあえて絶対と言わせてもらいます。
ていうか、ホームゲームで4本しかシュートが撃てないサッカーでは、
お金を取るわけにはいかないと思います。
前節はゴールが4度、それができるのに、なぜ今節は、しかもホーム…
チームも選手も分かっていると思うんでこれ以上は言いません
(ていうか十分言ってるし)
ぼこぼこにされながらほとんどボールが持てずに自陣釘づけっていう
力の差のある相手なら分からないでもないですが、キープはイーブンくらいに見えました。
かつての「湘南の暴れん坊」を彷彿とさせるような、波状攻撃もありました。

試合中には「(これはJ1のレベルには遠いなあ)」とか
相手ペナ内で2人の退場者(!なんじゃそりゃ)を出した件で、
ちょっとレフェリーがアレだなあと思いつつも、
ボールを取りに行くのに相手が邪魔だからって小突いたりするやつが悪いと思うし
審判と目を合わせながら罵声を浴びせるやつが悪いと思うし
レッドを2枚もらった2人は本当に猛省しろと、どれだけ周りに迷惑をかけ、
サポーターを失望させたか、座禅組んで滝に当たってもらいたい気分でした。
そんな中サポーターは我慢強いなあ、1点差だから追いつくことをを期待することを
優先させたのでしょう。追いつけば放免にもできますから。
残った9人がとばっちりで試合後ブーイング受けたのはちょっと気の毒でもありました。
まあ11分の1ということで、同じ戦犯には違いないのですが…。

それでもまた次の試合に行くというサポーターの期待に、チームは応えなければなりません。

それを積み重ねて私がまた行こうかなと思うようになりますように。
やや情けない願い事をイブに記します。って短冊は見られたらかなわなくなるんでしたっけ?

« 2008年07月 »

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

About 2008年07月

2008年07月にブログ「MONO-LOG」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年06月です。

次のアーカイブは2008年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34