« 2009年02月 | メイン | 2009年04月 »

2009年03月 アーカイブ

2009年03月24日

越えられない壁

勝ったときには喜びつつ、勝てた原因を考え、その上で修正点を探るチーム
勝ったときには喜びつつ、自分たちの方が強いニダと勝利を誇示するだけのチーム

負けたときには悔しがり、何故負けたのか、なら次はどうすれば勝てるかを考えるチーム
負けたときには悔しがり、敗因を他人のせいにしたり本気出してないなどと言い訳するチーム

対戦前に冷静に、謙虚に相手を分析し、対策を考えて立ててベストを尽くすチーム
対戦前に自分たちのほうが強いニダお前らのほうが弱いニダと吠えるだけのチーム

こんな意識の違いが結果という差になって現れているんだと思います。

相手の力・強さを認め、敬いつつ知恵を絞り、冷静沈着に、
でも勇気を出して気迫を込めて全力で戦う、
日本古来のブシドー精神、侍の魂、そしてそこから生まれてくる強さは現在でも
我々に受け継がれているんだと感じることが出来ました。

プレーそのものには明確な差はなく、長打力や左腕の投手力は寧ろ相手の方が上です。
勝ちたい、勝つんだという気持ちも(我々に対してだけは)
日本と同等かそれ以上に持ち合わせていることも事実です。

こういった分析や思考に及ばずに眠っていていただいている間は、しばらく大丈夫でしょう。

重圧の中、最後まで侍であり続けた選手たち、侍の魂を世界中に見せつけた選手たち
本当にお見事でした。
もっと広くて奥深い世界で戦っている別の侍たちも、
彼らを見て何かを感じ取ってもらいたいと思います。

2009年03月23日

updated

スタジアム写真館にフクダ電子アリーナを追加。
しばらく前に行ってたのですがうpし忘れてました(^_^;)

ほかにも昨年、イケクミさんのホームの酒田市陸上競技場に行ったのですが、
ここでサッカーをやっている形跡がないようなので掲載を見合わせます。(T T)

2009年03月22日

これから

国内のスタジアム写真館の今後として、
行っていない所に行ってみましょうというのはもちろんですが、

外観だけの写真掲載でお茶を濁している所については、
ちゃんと試合を見に行ってピッチを撮影してうpするようにしたいと思います。
優先順位はカテゴリー上位からということで、
そうするとまずは西京極ということになります。

別なイベントをやっていてピッチが撮影できたところ(瑞穂、日本平など)は、
許してくださいですぅ。

2009年03月15日

克雪

秋春制の議論は一旦終結して犬がワンワンしているような状態ですが、
天邪鬼な私は、南北に長い国土の日本ではムリとか自分でも思っているくせに、
議論の趨勢がムリという方向に傾いてくると秋春制は本当に不可能なんだろうか、
どうにかしてやる方法はないんだろうかと考えてしまいます。

そんなことを思っていたら山形のJ1ホーム開幕戦は激しい雪、
この時期のとうほぐで16時は厳しいぞと思ってはいましたが、
一気に積もってしまうような雪は大気の状態で何時でも降りますから時刻は関係ないのかな。
最高気温は朝でしたということも珍しくありません。
以前この時期山形を鶴岡で見たときもやっぱり雪でした。
春秋制でも雪国であればこの時期は積雪は十分有り得るのです。
昨日の天童はハーフタイムあたりからピッチが白くなり始めていましたが、
前夜のうちに数十センチ積もってしまって開催に支障をきたすことも
有り得ない話ではありません。

そこで克雪の提案です。練習施設までは目が行かず、スタジアムの対策だけなんで
やっぱり春秋制前提で、3月や12月の限定使用ということになってしまいますが、
雪国のスタジアムに私が毎回何千円と寄付しているtotoやBIGの収益を使って
ピッチヒーティングやスタンドヒーティングを設置出来ないものでしょうか。
やっぱり雪は降るんです。とうほぐの体育サッカーは雪上でやるのがデフォルトです。
(私の時代は…地球温暖化の今はどうだかわかりませんが)

もちろん、プロ競技、興行とあらば雪上というわけにはいきません。
降雪期に重なっても芝の上でやらなければいけないと思います。
春秋制だと使用頻度も少なく費用対効果から疑問符もつきますが、
私の地元も雪国で、(部分的に)ロードヒーティングやパークヒーティングなど
結構設置されており、(部分的であるが故一目瞭然でわかるという感じで)
いざ降雪積雪となったときには絶大といっていい効果を挙げています。

一方、交通動線を問題に掲げる方もいるようですが積雪期でもそれはどうにかするんです。
雪のときに出かけられないのは、極端な地域を除き軟弱者!な南方の人たちばかりです。
雪国なめんなよ。雪が降っても生活物資の買出しは必要です。
こっちにだって郊外型の大駐車場つきの大規模SCくらいあります。
でもモスクワやサンクトペテルブルグのように-10℃で試合というのは、
雪国なめんなよの私でも御免ですサーセン。
やっぱり北国であればあるほど、春が待ち遠しいものなのです。
 
ウインターブレークをはさむドイツでも(最近短くなってきたような気がするが)
ヒーティングを採り入れているスタジアムは結構あるようです。
(とA新聞に書いてありました)
秋春制のためにというより、
今のフォーマットで昨日の天童のようなことがあることを見越して、
雪対策を考える必要があるのでないかと思います。

尤も、雪国のチームには雪や寒さを味方にして、
悪コンディションのときこそ勝ち点を稼ぐぞというような気概も持ってもらいたいものです。
 

2009年03月06日

LOCKON

最近また週刊のサッカー誌を読み始めています。
非常に不純な動機ですが(^_^;)

Jの名鑑も買い揃えました。
スカパーのJ1J2も申し込みました。

名鑑なり日程なり見ていて思うのは、
ついにJ2のチーム数がJ1に追いついて賑わっているなあということ。
強い弱いの見定めに多少時間がかかりそうです。
それとアジア枠の有効活用は結構ポイントになるであろうこと。
スタメンで北朝鮮1+ブラジル3を並べる川崎Fは脅威ですし、
4枚のうちの1枚とか2枚とかを切り札として取っておくという作戦もあるでしょう。
アジア枠は韓国代表経験者級がメインですが、
ここにオーストラリアやイラン、サウジなどの中東が入ってくれば
面白くなってくるのではないでしょうか。

もっとも、中東なんかだと報酬のほかベンツ現物支給なんて感じで、
Jが提示できる額には応じられないのでしょうが…。

というわけで、今年こそ

toto 狙い撃つぜぇー!
 

« 2009年03月 »

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

About 2009年03月

2009年03月にブログ「MONO-LOG」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年02月です。

次のアーカイブは2009年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34