« 2010年01月 | メイン | 2010年04月 »

2010年02月 アーカイブ

2010年02月15日

vs.韓国

生観戦しました。韓国戦。

良いことではないのかもしれませんが、

中国戦の相手PKが決まっていたら…
香港戦の前半が0-0だったときのスタンドのリアクション…

これらに期待していました。逆境に立たされたときに
どれだけ奮起できるのか見てみたかったからです。

そういった逆境というシチュが、韓国戦で現実のものとなりました。
しかし、結果は知ってのとおり。意地も見せてもらえませんでした。

多くの人たちが書いているとおり、今大会での収穫は、
これでは本大会でまったく戦えないという確証が持てたこと。
今回の大会を予選E組と仮定すれば、敗退決定です。
相手がオランダカメルーンデンマークなら仕方ないとも思えますが、
今大会の相手は韓国中国香港です。
さらに悲観論はエスカレートし、これがW杯3次予選であれば、
本大会の道が閉ざされてしまったんだぞ、というところまで行ってしまいます。

監督は、代わりがいるんなら代えた方がいいと思います。
ただ、岡ちゃんも貧乏くじを引かされて今の役割を請け負っており、
代表監督という役職にしがみついているというふうに捉ええるのではなく
いっそやめちまえばいいのにと思いつつも
匙を投げたりしないでいる、と受け止めてあげなければなりません。

協会はリーダーが矢面に立って批判を受け止め、選手や監督を守らなければなりません。
かつての長沼さんがそうだったように…
保身に走ったり、周囲の雑音に振り回されたりせず、
信念と責任を持って芯のしっかりした舵取りをしてほしいと思います。

「ブーイングはどんどんやってほしい」ではなく
「ブーイングを真摯に受け止めねばならない」と答えなければならないはずです。
何故ならブーイングをされているのはお前だからです。

そのブーイング、最後までピッチに残ってプレーした(戦ったとは書けない)
選手たちに向かってされるのがちと気の毒でした。

国立のホームゴール裏から発せられたブーイングは、
千駄ヶ谷の駅まで響いてきました。


2010年02月07日

updated

2月6日、Bonjour Nipponのメンバーが
味スタで中国戦を観戦したのでサポート履歴を更新。

2010年02月06日

vs. 中国

W杯をあきらめたわけではないのですが、
私に仮想デンマークや仮想カメルーンといった意識はなく、
先日のベネズエラ戦同様、今の代表がどれだけ強いのか(弱いのか)を
見定める気持ちで観ていました。

で、スコアレスドローです。日本代表は、

ホームで中国に勝てない

ところまで来てしまいました。

勝てるかなと思っていましたが、予想以上に重症でした。
勝てると思って行ったであろうお客さんが他が気の毒でなりません。

ゴールを割れない以上、期待したくても出来ませんので、
今からでも間に合うんであれば、シュートの意識の高い選手を重用していただきたい。

怪我ですが石川、アレですが本田△、下落中ですが山瀬といったあたりです…。

韓国戦、いろんな意味で楽しみです。

2010年02月02日

vs. ベネズエラ

テレビで見ていましたが、今日の試合を面白かった、楽しかったと思える人は、
現地観戦した方の一部を除いて誰もいないと思います。

あの試合からいくつか具体的なポイントを挙げて
これが面白い、楽しい、見応えがあると自分で感じることが出来る方はいるかも知れませんが
それを一般の視聴者に説いて、楽しんでみてくれ、なあ面白いだろ、といっても
無理だと思います。

私は腐れ縁なので今度の韓国戦に行くつもりでいますが、
つまらないから見に行く気にならない→動員減→人気減→収入源というスパイラルを辿らせ、
このままではいけないと気づかせる上では、
ライトなファンの行動原理は至極正しいんだと思います。
私のように甘やかす輩がいるからいまだに代表は特別でキラーコンテンツなんだという
錯覚をいつまでも抱いてしまうのかもしれません。

勝つために、喜ばせるために、楽しませるために必要なことを必死でやってください!
客の入りが悪い理由を、サッカーで見事に体現しています。

ワールドカップの展望なんて、とてもじゃないけど語れません。

« 2010年02月 »

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

About 2010年02月

2010年02月にブログ「MONO-LOG」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年01月です。

次のアーカイブは2010年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34