メイン

Asian Cup アーカイブ

2011年01月30日

戴冠

アジアカップ、見事に優勝を勝ち取りました。
本当に嬉しいの一言です。

決勝前、私は周囲に「日本が不利」と話していました。
香川という戦力の純減、香川抜きの戦いの経験不足、
歴戦の勇士が揃った相手の豪華な顔ぶれがその理由です。
豪州のその歴戦の勇士たちの年齢が上がって、峠を越えていることも承知はしていましたが、
それでもまだ相手の方が上だと思われたためです。
試合の全体的な内容としては、私の指摘はおおむね当たっていましたが、
結果は異なるもの、それもこれ以上ない喜ばしいものでした。
豪州の力を過大に見積もっていた私の計算ミスではあるのですが、
それ以上に選手たちが自信と勇気を持って戦ってくれたことが大きかったと思います。

日本サッカー史、そしてアジアカップの歴史にも鮮烈に名勝負として記憶されるであろう
準決勝、決勝と連続した壮絶な死闘の印象が強く残ってしまいがちですが、
さすがにいつも一筋縄では行かないアジアカップ、
内部崩壊を起こしていたサウジを除いて、どれも大変な試合でした。
最後の2試合だけではなく、リードされたり、少ない人数で戦ったりという逆境を
ピッチで実際に跳ね返したすべての選手たちに拍手を贈りたいです。

でも、昨年の南アフリカで一定の成果を挙げた国が1位から3位までを占めたわけですから
この結末は世界から見れば順当な結果と受け止められるでしょう。
当事者はものすごく大変だったんですがw

ワールドカップや欧州のリーグで活躍するアジアの選手の増加という現象を通じて
アジアのサッカーが世界で健闘を見せるようになるのにつれ、
アジアカップが以前にも増して世界的にも注目されるようになっているのも感じました。

また、韓国戦での一連の騒動
(相手選手がサルだかの真似をしたが、何だかうまく辻褄が合わずよくわからないあの件)
アジアカップが(というより日韓戦と言った方がよいか)、
世間への影響が大きくなっていることが印象に残りました。
そして日韓戦を始めとした真剣勝負が掛け値なしに絶対的に面白いという事実に
多くの人々が気がついたことにも意味があると思います。

ワールドカップで得たアジアの最高位を今回の戴冠で揺るぎないものとし、
もう堂々と名乗ってもいいでしょう。


アジアの盟主であると!

でもこれに胡坐をかかずに、もっと強くなってほしいと思います。
まだまだ発展途上であり、大きな伸びしろも期待できるところが、
今の代表の最大の魅力です。
韓国も次から次へと新たな選手が現れ、豪州もこの敗戦で世代交代を加速させるでしょう。
身近なライバルと切磋琢磨しつつ、私たちはより上を目指していきましょう。

まずは南米選手権。アジアカップ以上に注目を浴びる舞台で、思い切って暴れて来ましょう。

最後に、ザックさん本人のアイディアなのかはわかりませんが、
藤本out岩政inには恐れ入りました。私のような思考が画一的な凡人には
思いつくことが出来ません。準決勝の用兵にはこのヘタリア人が!って思いましたが、
それを補って余りある采配、本当にお見事でした。

2011年01月06日

アジアカップ予想

明日から開幕するアジアカップをやっつけ気味に予想します。

グループA(中国、カタール、クウェート、ウズベキスタン)
W杯開催が決定し意気上がるカタール、欧州色の強いサッカーでいつも安定している
ウズベキスタンがリード。クウェートは湾岸杯で優勝しているそうで
ここも上位をうかがえる。大国中国はサッカーではいまだ眠ったままで
ここではアウトサイダー。

グループB(日本、ヨルダン、サウジアラビア、シリア)
W杯で2勝を挙げ、大会後に顔ぶれが変化しても強さを見せる日本がリード。
続いて中東の雄サウジ、ヨルダン、シリアはこの2カ国と比べると落ちるか。
例によって引いた相手をどう崩すかがテーマとなってくると思われ。

グループC(オーストラリア、バーレーン、インド、韓国)
インド以外の国の争い。バーレーンはW杯予選プレーオフに回ったときの
実力を維持できていれば豪州や韓国とも対等に渡り合えるが、
そのときより落ちているのであれば、実績上位の本大会出場国が勝ち上がると思われ。

グループD(北朝鮮、イラン、イラク、UAE)
最激戦区に見えます。UAEはフル代表がいる各年代の大会で何度か見ていますが、
イラン、イラクはちょっと未知数でふたを開けてみなければわかりません。
北朝鮮はやはり在日組がカギとなるでしょう。
イラン、イラク側からないので北朝鮮とUAEに星を打ちます。
前回優勝とか関係ありません。

2007年08月01日

亞洲杯総括

vs サウジアラビア

豪州戦でPKまでもつれ込んだツケをいつか清算云々といったそばから、
半分清算した格好となりました。

ボールポゼッション≠ゲームの支配

であることが、非常によくわかる試合でした。
内容では勝っていたという記述も見かけますが、
とんでもない。作戦も内容も、完敗と言っていいと思います。
予想外だったのはサウジが中盤から激しく来たことと、
それでも電池が切れなかったこと。
非常に脅威に映りました。
もうこちらは受けて立つ側ではなく、
相手を徹底的に分析して作戦を立てて挑戦者として臨まなければ、
勝つことは至難の業でしょう。
前半の終わりあたりは、展開の日本とカウンターの中東という
いつものスリリングな図式が見られて非常に楽しかったのですが…

vs 韓国

イベントがあったんでちゃんとは見なかったんですが、
やはり同じようことを繰り返したんでしょう。

日本病について

日本病は今に始まったことではありませんが、
個の力を上げるというだけではなく、
相手のペナに近いところで組織的にあるレベルまでは切り崩すような
戦術も必要だと思います。
(個の力を上げるというフレーズと同じくらい抽象的で、
自分には何のアイディアも浮かんできませんが)

とにかく、これから日本と公式戦で対戦する国は
真ん中穴熊というか、べた引きしてシュートは撃たせないように心がければ、
あんまり撃ってこないからそうそう当たるものではない大丈夫だクックックッー
というセオリーが出来たように見えることから
守ってカウンターという姿勢で臨んでくるんでしょう。
ベタ引き対策は真剣に考えなければなりません。

そしてここからは、私たちが知恵を絞って工夫して、相手を打ち破るという
以前の立ち位置に戻らなければならない時代なんでしょう。
今回の大会は内容も結果も、そういうことなんだと思います。

今の日本は、アジアの王者ではありません。

2007年07月22日

vs. オーストラリア

個人の力、チームの力、監督の力

1年前の試合と今回の試合とでどこがどう違うか、
わかりやすく出た試合だったと思います。

特に監督の部分でしょうか、ヒディンク、ジーコ、アーノルド、オシム…
不等号は2試合の結果そのままに表現していいように思われます。

ただ、去年の雪辱・リベンジはしたという気持ちには到底到れません。

ヨシカツがまた確変してくれたので表には出てきませんが、
90分で畳めることが出来なかったツケは、
どこかで清算しなければならない場面が出てくるかもしれません。

2007年07月14日

亞洲杯2007雑感 #1

今回のアジアカップの混戦ぶりが予想以上だという人は多いことでしょう。
私もその一人であり、これまでの試合を見ると、
地域ごとに傾向が出ているように見受けられます。

中東(オマーン、サウジ、UAE、カタール、バーレーン)
中東の前評判が高かったが、13日現在1勝もしていない。
暑さへの耐性はあっても、湿気、特に雨には弱いのか…。

旧ソ連(ウズベキスタン)
厳しいかな。

ペルシャ勢(イラン、イラク)
安定した強さ。

東アジア(日本、韓国、中国)
東南アジアの気候にはやや向いているか。
ここもイランイラク同様、安定している。

地元勢(タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシア)
健闘むなしく敗れるといった予想だったが、地の利は予想以上。
8強に残るチームも出てきそう。

オーストラリア
だめじゃん。

準備期間を長く取っているチームも
快適な合宿地で気持ちよく練習してきただけで、
結局その成果が現れていないのが現実のようです。

アルゼンチンなんかのように「うわ、これは強い」
というチームは結局存在しないのがアジアカップの常。
前評判が高いチームも実際向き合ってみるとそうでもなかったし…。

ということで、免疫力の高いチームが、
生き延びていくのかなあという気がします。

ウズベキスタン対マレーシアなんていうマニアックなカードを
LIVE放送してくれるNHKに乾杯

vs UAE

前半3点取れたのは正直、予想以上でした。

ハーフタイムに描いた後半のシナリオは以下のとおりです。

UAEは気持ちを入れ替えて後半に臨み、アグレッシブに来る。
でもすぐ電池が切れて日本に押し返され、4点目を失う。
<ここで、選手がキレてしまい、プレーがラフになり、退場者まで出る>
ラフプレーでケガ人が出たり、
相手のプレーに激高して冷静さを失ったりして、
余計なカードをもらわないようにしなければ

ところが実際には、UAEは失点しないまま退場者を出し(ちょっと厳しすぎる気もしたが)
10人相手に攻めあぐね逆に失点を許し、
最後はグループ1位になることを最優先にした戦い方をして締めた。

というわけで後半の残り10分くらいのところからの無理しない戦い方に
モヤモヤ感を覚えました。
グループの推移、選手の消耗などを考えると、
正しい戦い方なんでしょうが、1点返されて癪じゃないのかという気持ちが、
最後まで消えませんでした。

だから、最後の最後、水野君のシュートにちょっぴりホッとしました。

その他の印象
・寿司とケイタが自分でチェンジのサインを出した。コンディションは相当厳しいんだろう。
・大熊うるさい。

2007年07月10日

vs Qatar

ポゼッションと「押してる感」からして、
明らかにショットが足りない。

結果自体はよくあること。これは受け入れられる。
ただし、あの内容であれば20本は撃てているはずで、
そのうえでの話。

仲間内ではヨシカツは、阿部に声をかけるのは無理。
阿部が自分自身で体をぶつけるまでではないことを
判断すべきだった、ということになった。

阿部や壁がどうしても戦犯になってしまうが、
シュートまで行く数の少ないチームであることが
最大の病理だと思う。

2006年12月24日

ベトナムフォー

ハノイかぁ…。行こうかなぁ。どうしようかなぁ。
1試合くらいなら何とかなりそうだけどなぁ。
それよりカタール。アジア大会優勝はホームだからだとばかり思ってたけど、
どうも結構な曲者のようだ。いい準備をして勝ちたいものだ。

2006年11月19日

合わせ鏡

ちょっと前の代表は強い相手に善戦したかと思えば
弱い相手にぐだぐだとした試合をしてしまう付き合い上手だったのですが、
今のチームは下の年代も含めて、
相手のコンディションをそのまま反映したような傾向が強く見えるような気がします
(当たり前といえば当たり前ですが)。
ユースの北朝鮮 戦は相手の気合に完全に負けていましたし、
五輪の韓国戦は相手の疲労とマークのずれが生じていた時間帯は日本のものでしたし、
フル代表のサウジ戦は2点差PKを与えてからはサウジの勢いが増し
後手に回ってしまう時間帯もありました。
共通して言えるのは日本が主導権を握る時間もあるが、
それは相手が何らかの理由によりペースが落ちたことが原因である受動的な主導権の掌握であり、
日本が積極的な仕掛けをしてペースを握ったものではないということではないかと思います。
サウジ戦はきっちりアウェーの落とし前をつけたことが何よりよかった。
意地を感じられることは大変心強いです。
それにしてもサウジはあのスタジアムは鬼門なんでしょうね。
サウジ戦はずっとあそこでやりましょう。

2006年10月13日

インドの山奥で

スコアとか攻めっぷりに関しては劇的に改善するとは思えず
こんなものかと納得できるんですが、
何度か見られた凍ったシーンは大いに反省の余地ありです。
前半終了間際にフリーで頭から撃たれたシーン、
数度あった自陣ペナ近くでの相手へのプレゼントパス。
インド相手だから点にはなりませんでしたが、
日本と同等以上の相手であれば失点していたでしょう。
「もっとがんばりましょう」というスタンプをついて返さざるを得ません。
 新聞休刊日に駅売りのスポーツ紙を買って「ピッチには犬」で吹き出していたのですが、
さすがに試合でも出てくるとちょっと引きます。
照明は全滅していたらやっぱり引きますが、
1~2基であればムーデーな中間照明って感じで許せました。
選手たちがやれるんであれば別にOK。試合を進めたのはよかったと思います。
 インド相手だとなぜ相手を国ではなく人にするんだ。
黙ってインドと書けばいいものをいちいち「インド人」とわざわざ半ばふざけて書いている。
「インドすげー」ではなく「インド人すげー」。
「インドうめー」ではなく「インド人うめー」。
それだけ私たちにとって特別な存在なんだろう。インド人。

2006年08月19日

リスクチャレンジ

よく私たちは「相手の立場になって考えよう」と説教したり説教されたり、
自分でこれをうまく取り入れたりロストしたり、
ツンデレの娘さんに私のことなんて何もわかってないじゃないとキレられたりするわけですが、
自分が相手だったら何をされたら嫌かを考えてプレーすればおのずとリスクにチャレンジし、
沸かせる場面も増えることでしょう。
他のメディアでもこういった見解はすでに出ているようですが、
試合を見たときの自分の率直な印象もコレでした。
1点も入らなかったらはらわたが煮えくり返っていたでしょうが、
あの状態で2点なら結果としてはOK。
監督にとにかく何かしゃべらせようとしたり、
シュート本数を分母にしたりするのは無意味です。
それから実況でゴールディファレンスがマイナス1ならOKと
相手が踏んでいると 言っていた解説者は感心できません。
イエメンにとって今のフェーズは勝ち点が全て。
マイナス1もマイナス5も関係ありません。

2006年07月30日

ASEAN 2007

目標を見失いかけている自分に差し込んだ光は、来年のアジアカップ本大会。
タイ(バンコク)、
マレーシア(クララルンプール)、
インドネシア(ジャカルタ)、
ベトナム(ハノイ)の共同開催。
今回のW杯で私の仲間たちも海外慣れし、
自分にもできることが体でわかったみたいで、興味があるみたいです。
サッカーの国ではないものの、ぜひ一度は訪れておきたい国(場所)ばかり。
まずは出場権の獲得に向け全力を注ぎましょう。
他にやらなきゃないこともありそうな気がしないでもないですが。

2011年02月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

About Asian Cup

ブログ「MONO-LOG」のカテゴリ「Asian Cup」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のカテゴリはRSA2010です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34