MONO-LOG@1998OCT


試練

フリエ騒動は同業界の企業を出資母体に持つ私たちベルマーレ平塚のサポーターにも少なからず影響を与えているようです。チームが合併した例というのはずっと昔のサンプド リアなどの例がありますが、今回の合併の根底にはサポーターの気持ちも無視されてしまうほど厳しい現実が横たわっているわけで非常に辛いものがあります。それでもやっぱりフリエに対し、チームだけは残せなかったもんだろうかという思いでいっぱいです。Jリーグが昔の北米リーグのようにだけはなって欲しくありませんが、ヨーロッパに比べればJリーグなんてまだまだ保育園の年長組(6才)なんだからこの先もっと大きなうねりを経験していくことでしょう。そしてそのいくつものうねりを越えて逞しくなっていって欲しいと思います。ベルマーレがもしフリエのようになったら、あるいはもっと悲しい結末を迎えることがあったらこのページをどうしようとかってことも考えますが、サッカーは楽しいもんだ、ベルマーレ平塚が好きなんだ、世界中のどこかで今日も明日もずっとサッカーは行われている、それだけは見失わずにいたいと思います。

(98.10.29)

Ammonito Maker

セリエAも序盤戦を終え中田にも案の定マークがぎったりとつくようになりなかなか思うようにプレーさせてもらえなくなってきています。試合ごとにヒデに対する引っ張る倒す引っ掛ける削るといった相手の行為も激しくなってきています。ボールを持たせると危険極まりないという事実のみならず、サッカー途上国の選手であることが相手選手の「このジャポネーゼが!」という感情を引っ張り出しているのでしょうか、セリエAを代表するイエローカード供給プレーヤーとなってしまいました。さて、最近よく目にするのが、中田の生中継の影響で他の豪華カードの中継にしわ寄せが来ているといった主旨の意見です。もっともな意見だとは思いますが厳しい世界に自ら身を投げ出した彼の向上心、彼を欧州へ「日本代表」として再び送り出した(つもりの)日本のサッカーを強くしたいと思う全ての人々の願い、そして数多くの興味本位…、これらの要素が絡み合いペルージャ生中継は非常に魅力あるプログラムになっているんだと思います。といったわけで私はどちらかというとペルージャ優先賛成派です。ペルージャを除いた全てのチームを満遍なく観ることが出来るという言い方もできますし…。気がつくと10年前の中島悟を応援する思いに近い感情で見つめていたりもします。

(98.10.27)

あると便利だと思ったもの

「日本代表炎のご祝儀袋」、サッカー好きの結婚披露宴には欠かせません(^_^;)

(98.10.27)

大相撲にだって中央競馬にだってあるけどJリーグにないもの

この前はスポーツ紙に対する意見を述べたので今度はテレビについて。2000年からサッカーくじも導入されることですし、「Jリーグダイジェスト」みたいな番組を作れないもんだろうかと思います。中身は硬めで「『プロ野球ニュース』でその日行われたプロ野球の試合の報道並の密度の濃さでもってJリーグの各試合を振り返っていく」というものです。そんな番組にスポンサーなんかつかないとかいうのであれば制作著作はJリーグがやって、スポンサーはJのオフィシャルスポンサーがつくといった感じでぜひやって欲しいです。水曜日の試合は川平慈英さんががんばって伝えてくれているけれど、土曜日深夜の番組はどうも企画ものばっかでどんな試合だったかが充分伝わってこない(クラウジオのスピードガンは燃えたけど)し、重要なことも伝えられません(アジアユースのVは流したが、今後日本がどのような結果を出せばワールドユースに行けるかという皮算用についてははしょってしまった…)。Vに合わせて流されるナレーションのトーンとナレーションの原稿もどうも客観性に乏しいし…。でも、私の住んでいる地域では外にサッカー番組はないんですよね…。

(98.10.25)

近未来予想図 1

どうやらベルマーレもサポーターや選手の奮起が結実して、来季もトップリーグで試合が出来そうになってきました。来季は水曜日にホーム&アウェイ形式のトーナメント戦でのリーグカップ(ナビスコカップ?)があり、J1J2総勢28チームが参加することになります。28チームのトーナメントだと4チームが1回戦不戦勝となり、これには今年の上位4チームが割り振られるでしょう。残りの24チームの構成比はJ1:J2=12:12。つまり1回戦はすべてJ1対J2のぶつかり合いとなることが濃厚となるわけです。J2がJ1をぶっつぶす絶好の機会。ヴィッ○ルまたはア○スパがリベンジを果たす絶好の機会でもあり(このままいけば両チームは17位と18位を占め、必ずどっちかがJ2に転落する)FC東京がのし上がるチャンスでもあります。そして、私の地元にやや近いその名もトホホなベガルタ仙台やモンテディオ山形のホームでベルマーレが試合をする可能性も出てきます。そう考えれば、来年も結構楽しみだな−、って思います。うん。

(98.10.22)

スポーツ紙もポリシーを

15日から新聞週間だそうで、この機会にスポーツ新聞のサッカー記事について意見させてもらいたいと思います。一つは「ベタ記事いらね」。とりあえず練習で誰がポジションを変えたとか、監督が罰走させたとかという事実はいいとしても、闘志を燃やしていたなんてことは書かなくてもいいです。ベタ記事を載せるくらいならロイターなどの通信社が配信する記事のトピックスを箇条書きで載せたほうがよっぽど良いと思います。そして一つは「試合の選手別の採点をして欲しい」ということ。既にサッカー雑誌では採点記事は掲載していますが、私が普段目にするスポーツ新聞ではそこまでやっていません。要するにイタリアなんかのスポーツ紙でやっていることを日本でもやって欲しいということです。「○○紙の採点によると…」なんて記事は要らないから自分たちが取材した試合を自分たちがどう見たかということをアピールして誉めるときは誉め、批判するときは批判して欲しい、そう思います。必然的に取材に対する責任感も増し、紙面には緊張感があふれてくると思います。サッカーくじが導入される頃にはおそらく幾ばくの変化があることは予想されますが、サッカーを取り巻くメディアも変わって行って欲しいと思います。

(98.10.20)

TIMETRAVELLER

行ってきました、J-VILLAGE。芝のフィールドもそうですが、建物がりっぱ。代表の選手が宿泊しても快適でしょう。でも、コンベンションホールは室内に階段がしつらえてありここで結婚披露宴をとりおこなうのは難しそうでした(^_^;)。300円払ってサッカーミュージアムに入りダイナスティカップやアジアアフリカ選手権のカップ、元鹿島監督の宮本征勝さんが実際に着用したメキシコ五輪のときのユニフォームやそのときの銅メダルなども見ることが出来ました。フランスW杯の代表メンバーの顔写真もあったのですがヒデだけ悪戯されたのか盗まれたのか剥がされていました。3Dシアターでは3月のダイナスティ杯の韓国戦が放映され3Dの迫力映像を楽しみましたが、自分たちの旗もしっかり映っており、どこで見られているかわからないから滅多なことはできないものだなと痛感しました(^_^;;;)

(98.10.18)

梅雨明け間近

次を勝ったら取りあえず梅雨明け宣言ということにしませう。

(98.10.18)

エクスカーション

14日は休みをとりいつもお世話になっている横浜Bファンのさかばのおやじのために一肌脱いで日本シリーズ第2戦のチケットを取ってあげました(チケットぴあで正攻法でゲット)。なのになぜ獲れないんだトヨタカップ…(T_T)。さかばの定休日が日曜日なので第2戦にしたのですがどうも天気がうまくないようです。延期になっても知ーらないっと。私はというと今週末は職場の慰安旅行で会津方面に行きます。したがってJ-SPORTSのアビスパ戦生中継は見られません。勝ってくれることを信じています。18日はひねもすフリーなのでJ-VILLAGEを視察してこようと思います。写真を撮ったらスタジアム写真館の方にアップするつもりです。本州以南はどこも雨みたいですが…。

(98.10.16)

プレオでGO!!

我が家はスバル一家なので親父がディーラーからプレオのプロモCD-ROMをもらってきた。プレオのCMのムービーもありパソコンで再生すればいつでもヒデに会える。ヒデったらしぶーい(^_^)

(98.10.16)

ガラスの貴公子みすぎくん

今年は職場の循環器検診を受けないでしまった、というよりは所見ありを恐れ受検を避けたというのが本当のところ…。問診票に「はい」と書く部分が急激に増えたものだから…(どうきとかめまいとか心臓の痛みとか)。

(98.10.13)

そして奴はベガスに行った

Kの披露宴も無事終わりました。感動したといった感情よりはホッとした、やっと終わった、すげえ疲れたというのが正直なところ…。前日メッセージ作りをやって、そのまま前夜祭で午前様。当日早く出てきて打ち合わせをして、写真だってんで披露宴会場をまるでダービッツのようにところ狭しと駆け回り、締めは紙吹雪で式場の顰蹙を買い…。さすがに余力はありませんでした。でも、写真の整理が残っているんですが…。

(98.10.11)

身から出た錆

今日は競馬で大損した。

(98.10.11)

ASISTANT DIRECTOR

10日は去年一緒にW杯予選を戦ったKの結婚披露宴です。メッセージ集づくりや紙吹雪づくりで体があと一つ欲しいくらい忙しく、しばらく勝てなかった頃のヨシカツ並にテンパっています。当日は当日でパパラッチをやらされるし…。全然別な話だけれども、日本シリーズは大洋対南海がよかったのになあ…。

(98.10.08)

お宝くん@発掘君

家から出てきた未現像のフィルム4本を写真屋に出して出来あがってきたうちの1本が95年秋のベルマーレ平塚対ジェフ市原戦の写真でした。ヒデ若ーい(^_^)。なんてったってアトランタ五輪予選よりも前の写真だもんね。城と競り合っているカットもあったりしてなかなか面白い1本でした。当時は城の方が注目されていたのですが…。外にはエジソン、シモン、ベッチーニョ、野口、名良橋らも…。こうしてみるとこの時期以降ベルマーレに加わった好選手といえば呂比須に洪明甫くらい…。出ていった名選手の方が多いということが低迷を生み出しているのでしょうか…。

(98.10.07)

CIAO ! FABIO ! 元気かい?

インテル対ペルージャの試合を見ながら思い出したこと。もう半年以上前のこと、あるイタリア人がこのページに迷い込んできたらしく、しかもサッカー関連のページであることがわかったのかJリーグのチームのFAX番号を教えて欲しいといった主旨のメールが届いたことがありました。返事のメールで俺はインテリスタだ、インテル!、インテル!、インテル!と連呼してあげ、いつかイタリア代表とワールドカップで戦いたいといったことを書いたところさらに返事が来て自分はローマのファンだ、インテルはコッパイタリアでミランに0−5で負けた、がっはっはなんて言われました。月日は流れ中田がセリエAでプレーする姿を見て、彼はどんな印象を抱いたことでしょうか…。

(98.10.05)

AS THE FRIENDLY CITY

7月から9月まで平塚市にお世話になっていたNorthbereチェアマンのTが10月から花巻に戻ってきました。平塚市の皆様には本当に親切にしていただきお世話になりましたと本人も申しておりました。今後も友好都市として多様な交流を続けていければ嬉しく思います。

(98.10.02)

MONO-LOGへ

八咫烏トップページへ