MONO-LOG@1999JAN


やったぜオペラ

やりました!メイセイオペラ。地方馬初の中央G1制覇です。レース実況を見ながらすごく熱くなりました。リプレイは何度見ても気分が良いです。バトルライン、タイキシャーロック、エムアイブランあたりとは既に決着がついている、ワシントンカラーにマイル(1600m)は長い、オースミジェットは本当に強い相手には勝っていないなど、メイセイオペラに強気になれる要素はしっかりあったのですが、この馬はアウェーで弱いという気になる部分があったのもまた事実だったので勝ってくれて本当に良かったです。自分の考えというものが今日に限っては冷静な分析なのか、身びいきの強気な感情なのか境目がはっきりしておらず、不安で不思議な気分でした。スポーツ紙ではメイセイオペラの強さをしっかり見定めていないのか評価は意外と低く正直言って「何言ってんだこいつら、寝言は寝て言え」と思っていたのですが彼等のおかげで本来なら2倍台でもおかしくない単勝が、4.7倍もつきました。冷静に考えればいたって順当な結果に終わっただけとも言える今日のレースでしたが、新聞の報道をどう読むかという部分、読む側にも力が求められる、それを改めて実感しました。自分のよく知らない競技の担当に回され勉強する間もなくすぐ現場、売れる記事を書かなければならない等最前線の方は色々大変なのでしょうけれど、読者が何を知りたがっているかを今一度見つめなおして欲しいとも思います。

(99.01.31)

GOGOオペラ!

私の地元は今、1月31日に行われる中央競馬のG1レース「フェブラリーステークス」に出走する公営水沢競馬所属のメイセイオペラの話題で持ちきりです。地方馬が中央のレースに挑戦しても跳ね返されることがほとんどなのですが、メイセイオペラは昨年ホームの交流G1レースで中央所属馬を一蹴した実績を持ち実力も十分、地方馬初のG1レース制覇が期待されます。私もJの理念に反するようですが全国区指向、国際指向が強い方で、ローカルで小さくまとまっているのが好きではなくBonjour Nipponのメンバーにも常々マスコミの取材は全国的な所からしか受けるなとメディアコントロールしている位なのものですから、今回メイセイオペラがぼくたちBonjour Nippon同様に中央地方の枠組みを凌駕できるか非常に注目しています。とはいうものの心の底ではやっぱ「応援」しちゃってますが…。「響け!高らかに!メイセイオペラ」なんちゃって。

(99.01.29)

三種の神器

やっとのことで個人的に5000人の会とキングベルクラブへの入会申込を終えることが出来ました。私の引越し基金「PROJECT ' WITH LOVE ' 」(なんのこっちゃ)を取り崩した無け無しのお金です。有意義に使われることを切に願います。MLとかでは地元の内情などが取り沙汰されており、私も実際のところそういった事情に巻き込まれざるを得ない立場にあるのですが、サポートの意思表示を表面化させているところにちょっぴりお手伝いをする程度しか出来ないというのが一般サポーターとしての現実です。私たちと友好関係にある団体ももともと試合でモギリやゴミ回収をやっていたこともあってか5000人の会について前向きな態度を見せているということも聞いていますので自分の気持ちに素直になる(ハァ…ってこのため息はナニ?)、それでいいんだろうなと思っています。

(99.01.27)

ステバチ君

ここと相互リンクしているサイト「蒼き鴉と緑の騎士」のウェブマスターさんはテッペイのユニが当たったそうだ。…うちには何にも来なかった…。厳正なる抽選の結果なんでしょうけどこのやるせない気持ちは何なんでしょう…。まあ、チームがそう決めたんなら仕方ないでしょう。やっぱときどき厳しいことを書いたりしてきたのが良くなかったのかなぁ…。まあ、これからチームに対するコメントがさらに厳しさを増すかもしれませんが、それは決してユニプレゼントに外れた腹いせではありませんのでどうぞご理解のほどを…。ホントだって、ヘッ、いーんだよ、べつに、外れたってよ、気にしてねーからよ、いーんだいーんだ、どーせ…ケッ。すみません、見苦しかったですね…。

(99.01.27)

TVに出演するのは本人の自由なのですが…

たぶん皆さんも同じことを考えていると思いますが、今年は移籍リストに掲載されても進路の決まらない選手が非常に多いように思えます。今までだって多かったといえばまあそうなのですが、今年は日本代表クラスでも次のチームが決まっていない選手が結構いるのです。ベルマーレの代表経験者クラスは実力も周囲の認めるところとして良い移籍をすることが出来ましたが、それでも全てがそのように運んだわけではありません。以前は契約を更新できなかった選手に配慮してそっとしておいてやるということもあったのですが、さすがに日本代表クラスとなると今後どうするかということは気にならずにはいられません。私としてはサッカーを続けて欲しい、韓国でも中国でもシンガポールでもマレーシアでもいいじゃないかって思うのですが、それは所詮外野の他人が安直に考えつくことであって当人たちにしてみればそうもいかないんだろうなと思います。それにしても、日本代表としてフランスに行った選手なんだぞ、何とかならないのか、それが今の偽らざる感情です。

(99.01.25)

CHANGE THE WORLD

ヒデネタ。先日のACミランとの一戦でのヒデは、私がいちばん見たかったイタリアでのヒデでした。既にオーバーヘッドまで決めてしまった彼ですが、立ちはだかる強大な敵を相手に果敢に戦いを挑み、跳ね返されたりしながら「さすがはミラン、やっぱこうでなくっちゃな」と思いつつもついにはDFをこじ開けていく姿は勇気を与えてくれました。ミランのプレスが速くてタイトでなかなかボールが回ってこない、逆に味方はボールを運べず失点は時間の問題だと思いながら案の定その通りになり、ごくまれにルックアップ出来る状態でボールをもらうとサンシーロの凄絶なブーイング…。そんな思い通りにいかないのが当たり前の状況の中で右に左にボールを散らし、シュートを放ち、キラーパス一閃。世界最高峰のリーグでの最高峰のプレーの中にヒデがいた。その事実を強く実感できた一戦でした。それにしてもマルディーニとのマッチアップは息を呑みました。さすがはマルディーニでした。

(99.01.22)

RESTART

郵便事情の上で不利をこうむる岩手にもようやくベルマーレウェイブの50号(今号をもって当面休刊となるそうです)が届きました。初出し情報もたくさん掲載されていたので順次内容について紹介していきたいと思います。ページ作成が追いつかないほどいろいろな情報があるのです(^_^;)。しばらくは1日に何度か更新することがあるかもしれません。1月26日(火)にJリーグの日程(第1ステージは開始時刻まで)が発表されます。ベルマーレの試合分については既に日付と対戦相手だけは前述の冊子に掲載されていました。ホームゲームのチケット発売は2月11日(木・祝)だそうです。

(99.01.20)

LINK LINK LINK

本屋で立ち読みしたASCIIの「日本のホームページ10万」という電話帳みたいな雑誌にこのページも掲載されていました。10万も載せるとなるといちいち掲載連絡などしていられないのか何のお知らせもありませんでした。リンクフリーとしているのでまあ、別にいいのですが…。ちなみに八咫烏はスポーツ/サッカー/ナショナルチームという項目に掲載されていました。ベルマーレではありません(^_^;)。後ろから2番目なので結構目立ちます。ちなみに相互リンクについては自分の中で「サッカーに関する記述があること」を条件にしています。私の同窓生で、ある議員の方から自分のページにリンクしてほしいと言われたことがあったのですが、彼の場合は花巻にある「スポーツキャンプむら」を2002年のW杯の出場国の合宿地にしようという提言をホームページの中で展開しているのでOKということになります。でも、日本協会やJAWOCではもう合宿候補地の募集を始めることにしたって、彼は知っているのでしょうか…。花巻の「スポーツキャンプむら」は照明がないし、雨天練習施設もちょっと厳しいのでは…(総合体育館とか高校・大学の野球の雨天練習場はありますが)。

(99.01.17)

八咫烏というよりは天邪鬼って感じですが…

99年のベルマーレの陣容も固まりつつあります。監督をはじめ一部からはかなり強気の発言も飛び出しているようですし、タイトルを獲得したチームの戦力ダウンも伝えられてきています。しかし、八咫烏からは警鐘を鳴らさざるを得ません。ベルマーレの戦力は昨年に比べ明らかにダウンしており、ダウンの幅は他のチームに比べ著しく大きなものとなっています。乱暴な言い回しになってしまいますが、今年の顔ぶれであればJ2転落も十分あり得ます。絶望的になっているわけでも悲観的になっているわけでもありませんし、周囲を見渡せばもっと弱そうなチームもないわけじゃありません。ただ、よほど気を引き締めてかからないとちょっと厳しいぞと言いたいだけです。選手たちにはお客さんをたくさん集めてタイトルと賞金を獲得してというハングリーな気持ちと工夫する姿勢というかクレバーさを持ってほしいと思いますし、ピッチの上での精神的な柱の登場を期待しています。私たちも単なる気合だけではなくていかに選手たちを勇気づけるかということを考え、進歩の速度が遅くとも沈着かつ明晰で、そして絶えず前向きでありたいと思います。話は変わってやっぱ最近のスポーツ紙の「ベルマーレ=貧乏」という図式を前面に押し出した記事の書き方はやっぱむかつきます。ったく。

(99.01.15)

小室哲哉ごっこ

1月8日未明から11日夜までこのページが表示されなくなってしまう事態が発生しました。せっかく見に来てくださったのに真っ白で本当に申し訳ありませんでした。今もって原因は不明ですがプロバイダさんに向かって騒いだらなぜか元通りになりました。当分、閉鎖するつもりはありませんので今後ともどうぞよろしくお願いします。ホムペを復旧できずにいた週末、地元花巻はすごい雪で外に出るのも大変だったのでオルゴールソフトで音階を頼りながら携帯の着メロづくりにチャレンジしました(ヒマ)。「FIFA ANTHEM」(♪どーどれみーどー・どーれみどー)とか「アレアレニッポン」(アレアレジャポンじゃありません)にトライしてみました。ただ音数が足りなかったり、音が合わなかったりと出来はイマイチだったので本格導入には至りませんでした。誰か、「♪ベールマーレー・ビッグウェーブ・オーオーオオーオーオーオ」という着メロを使っている人、いませんかねえ。私のはN207、ちょっと新しすぎるかな…。

(99.01.12)

勝利の3本線 

日本代表のユニフォームが一新されました。6日に日刊スポーツのページの写真を見たときは色合いが濃かったせいかユーゴみたいでちょっとやだなーって思い、掲示板にもそのことを書いてしまったのですが翌7日の日刊スポーツ朝刊の写真を見ると意外と悪くはないないなー、しかも「八咫烏が羽ばたく様子」を描写しているなんて言われたら同名のページを作っている自分としてもいい気分になります。うーん、でも3本線はうざったいなーってやっぱり思います。とかなんとかいいつつ発売される頃には買いたくなっているでしょうか…。ベルマーレのユニフォームもモデルチェンジするらしいですが、いったいどんなデザインになるんでしょう。ユニフォームのデザインはこのページづくりのモチーフにもなりますので非常に気になるところです。

(99.01.07)

口は災いの元

飲み会で女の子が「あたし、今フリーなんですぅ」なんて言ってたので「てゆーか、フリーだよね」って言ってやった。…張り倒された…。実際のサッカーではフリーはチャンスの証なんですけどね。こういった場合「ノーマーク(^_^;)」っていうニュアンスになっちゃいますからね。気をつけないと…。でもやっぱフリー決められないとね。いろんな意味で…。

(99.01.05)

年間計画

今年のサッカー、ベルマーレはもちろん、日本代表も(相手はオランダ代表が第一希望ですがそれより何よりヒデがみたい。ブラジル代表も来るようですが3月31日じゃやっぱ行けないからなあ)、五輪予選も一度くらいは見たいなあ。インテルかマンチェスター、トヨタカップに来ないかなあ。来たら見に行くけどなあ。…今日はこれだけにしときます…。

(99.01.03)

あけましておめでとう

新年明けましておめでとうございます。本年も八咫烏をどうぞよろしくお願いいたします。一応いくつか温めている企画はあるのでそれを実現できるようがんばってみようかなと思っています。また、NORTHBEREとしてもベルマーレ平塚をどのようにサポートできるか、スタッフや平塚市のWAVYと協議を進めながら話を詰め具体化させていきたいと思っています。とにかく楽しく、「次の試合が待ち遠しい」姿勢でページづくりは続けていきたいと思います。よろしくね。

(99.01.01)

MONO-LOGへ

八咫烏トップページへ