MONO-LOG@1999MAR


雪中行軍

実は今日、ドライブがてらスタジアム写真館の充実を図るべく山形県の鶴岡市まで行ってJ2のモンテディオ山形vs.川崎フロンターレの試合を観て来ました。元ベルマーレのテルと岩元の対決でもあります。しかし、現地は吹雪で去年のダイナスティ状態。死にそうになったので前半だけ見て帰ってきました(根性なしサッカーファンは私だけじゃなかったですよ、それに片道4時間弱かかったので韓国vs.ブラジル戦のライブに間に合わせるためには3時にはスタジアムを後にしなければなかったのだ)。手がかじかんで写真どころではなくテルを撮ろうとして持っていった超望遠レンズも使わずじまい。そんでもってピッチはFCポルトvs.ペニャロールのトヨタカップ状態。イエローのボールが必要なくらいで、各ラインもだいぶ消えてしまいキーパーがペナルティエリアの外でキャッチしてもお咎めなしというシーンもありました。スタジアムの写真も撮るには撮ったけどこんな積雪写真を掲載すると極寒の地という誤解を与えかねないなとも思ってしまいました。前半終了段階では0−0、サッカーの内容を云々できるコンディションではなく点数が入る気もしませんでしたがどうやらモンテディオが2−1でフロンターレに勝ったようです。前半立ち上がりは岩元が効果的なクロスをあげていました。一方テルはポジションが不明瞭、自殺パスも一度あり。ちょっと首筋寒いんじゃないのかって思ってしまいました。入り口でもらったFLAGS TOWNの袋を帰宅後開けたらJのロゴ入りのノートが入っていました。超嬉しい。有意義に使わせてもらいます。それにしてもベルマーレが勝ったというのになんだろう、この話題は…。いやいや、昨日ベルマーレが勝ってこのページを更新するとき感動のあまりマウスがわなわな震えて大変だったんですよ。

(99.03.28)

定点観測

3月31日に行われるブラジル戦のためにヒデが帰国します。セリエAに集中すべきという意見も相変わらず出ているようであり、一頃は自分もそう思ったものですが、ヒデとは逆に欧州へ代表チームの試合のために帰国するというハードスケジュールをこなしているJリーグの外国人選手もいるわけで、この位の日程をこなせないようでは強くなれないぞという意識に自分では固まっています。ヒデですが、97年8月に長居でブラジルと対戦したときの序盤、ブラジル代表の選手を3人くらいかわしてドリブル突破を見せたシーンがありました。あれから1年半、ワールドカップ、セリエAでの活躍を経た今、ヒデがブラジル相手に今度はどんなプレーを見せてくれるのか、ブラジルとて強さの浮き沈みがあり単純比較は出来ないんでしょうけれど、非常に楽しみです。

(99.03.26)

SURVIVAL

今季初勝利を挙げ意気上がるベルマーレですが、再び強豪と目されるチームとの対戦が続きます。苦戦を強いられるでしょうが、100%ファイトする姿勢、殺気、眼光の鋭さはJリーグ随一、チャンピオンズリーグの決勝トーナメントすら彷彿とさせる懸命さを見せてくれているイレブンを誇りに思いますし、少しでも多くの勝点を期待したいと思っています。さて、勝点といえば一体どのくらい稼げば残留できるのか過去の記録をこちらにまとめてみましたので参考にしてください。過去のデータを見る限り、多目に見積もって「33」というところでしょうか。あまりデータにとらわれ過ぎるのも好ましくありませんが、あと10回勝てばJ1に残留できる望みが高まると言えるのではないでしょうか…。でもやっぱり、最低ラインの皮算用をするよりも、志は高く持っていたいものですね。

(99.03.23)

My Graduation

ワガシャでも本日、人事異動の内示があり、私も異動することになりました。それでも現時点で転勤は伴わないためこのページのアドレスも変更することもなく、ある程度のペースでなんとか更新も続けられそうです(ていうか職務でインターネットと関わりそう)。おそらく、2002年はこの部署で迎えることになるのでしょう。ともあれ、これからもどうぞよろしくお願いします。

(99.03.19)

激突

既にリークされていた情報ではあるのですが、今年のキリンカップの対戦相手がベルギーとペルーに決まりました。去年は4カ国対抗とかオランダが来るとか期待を持たせる報道があっただけに小粒になった感は否めませんが、ベルギーとてメキシコ大会4位の実績を持つ国、フランス大会での韓国との死闘は記憶に新しいところです(あの試合で凄かったのが現横浜の柳相鉄でした。直接対決では勝ったり負けたりしている日本と韓国ですがあのときの韓国の戦いぶりとジャマイカと戦った日本を比べて「ああ、まだ日本の方が負けているなあ」と思ったものです。)。ここのページではベルギーのスタジアムデータベースサイトと相互リンクしているのですが、今度そのページの管理人に挨拶というかケンカ売りに行ってこようかな…(^_^;)

(99.03.17)

恐るべし自動降格

2試合終わって2敗。得失点差−3。大体予想通りでした。もちろん、勝点1でも挙げてくれればと淡い期待を抱いてはいましたが、さすがにそうは問屋がおろしません。2つとも落とすだろうが、得失点は−2〜−4で収まって大崩しないでくれればと思っていたので、まあベルマーレについては計算通りです。しかし、15位という順位は予想よりも下でした。この得失点差なら11位から14位には居られると踏んでいたのです。ベルマーレが未だ無得点で得失点差がイコールとなった場合は苦しくなるということも一つの原因ではあるのですが、いわゆる「クラッシュド・ゲーム」が激減したのは予定外でした(市原と福岡が1回ずつ、しかし市原は勝点1を得た)。2試合続けてボコボコに負けサポーターの罵声を浴びるチームがなかったのです。この2節を見る限り、Jリーグは確かに変わっています(なんて言った次の節から崩れちゃったりするんですけど)。緊迫感、激しさが増し、勝負への執着心が露わになってきました。ついに、本当のプロサッカーが日本でも始まった、そう感じました。だから、テレビを見ていてホイッスルが鳴った瞬間にがっくりきたベルマーレのイレブンを見て逆にちょっと安心しました。決して負けたチームを甘やかしているわけではありません。次はアウェイとはいえ勝ちが必要になりました。引分でも許せないわけではありませんが、30分余計に戦うくらいなら勝っちゃえ、ってところでしょうか。というわけで次も負けるようなら騒ぎますからね!

(99.03.14)

定理

平塚市にお世話になったこともある職場の先輩とJリーグの試合のゴールシーンを再生してくれるサイト「J-Ole」の話になり、自分のパソコンで再生するのはちょっと辛いかなということになったのですが、それよりもまずベルマーレがJ-Oleに登場しなければならないわけで、なんとかFWの選手が機能するような攻撃パターンを作り出さなければならないのではと思いました。強烈なFKや、長距離に及ぶドリブル突破は見ていて気持ちの良いものですが、いつも出せるというものではないし、数多くあんなプレーを要求する、さらに何度も結果までを求めるというのも酷でしょう。言うは易し行うは難しなんでしょうけど、点を取らなければ勝てません。

(99.03.10)

なんでもみてやろう

ちょっと前にこの項でいちばん対戦したい相手がナイジェリア代表だと書いたことがありますが、私は世界の各大陸のうち、アフリカ(CAF)と北中米カリブ海(CONCACAF)の代表チームを見たことがありません。やはり、色々なチームを見ないといけないなと思います。Bonjourのあそびにんとゆうしゃは世界の全ての大陸の代表チームを見たことがある凄い人たちです。欧州=フランスなど、南米=ブラジルなど、北中米カリブ海=米国、オセアニア=豪州、アフリカ=コートジボワールなど、アジア=韓国など…。なかなか簡単に見られない大陸、地域もあり、実現は当分先のことになりそうです。

(99.03.08)

THE CRAZY LEFT-BACK

ベルマーレ平塚にも所属したことがある昨年現役を引退した元日本代表の都並敏史さんが、平成11年度のヴェルディ川崎のジュニアチームの巡回コーチとして花巻のスクールにおいでになる予定があるそうです(花巻が平塚の友好都市といっても色々な事情でベルマーレオンリーというわけにもいかないのです。ほかにももっと困った問題はあります…)。ベルマーレ時代の都並さんの写真を持ってサインでももらおうかなとか、Bonjourの太鼓を持って行って都並コールをかまして喜んでもらおうかなとか色々思案しています。

(99.03.05)

ながされやすいひと

だんご3兄弟の着メロ作っちゃったもんねー(^^)

(99.03.05)

LOOK THE WORLD

このページの「スタジアム写真館」の素材が残り少なくなってきた→友人たちに写真がないか照会したものの、あまり期待は持てない→自分が新規開拓するしかない→行ってないスタジアムは西日本に多い→私が住む花巻には空港がある→国内3社のマイレージに申込をした…。われながら単純な思考パターンだ。しかし一体いつ使うんだろう…。ジョホールバル以来飛行機には乗っていないのに…。しかもあそびにんの影響を受けている…。

(99.03.05)

GRAND TOURING

私の某250馬力ツーリングワゴンはギャルの憧れの的(また、Bonjourのせんしあたりにおこられそうだな)。「CDでもかけよっか」、「うん」。PLAYボタンを押す。イルミネーションがとってもムーデー。最高級8スピーカーシステムから流れる曲は…「だんご3兄弟」…CD買ってしまった…。最近はずっとUNDERWORLDだったのに…。

(99.03.02)

MONO-LOGへ

八咫烏トップページへ