MONO-LOG@1999NOV


フルミネンセはどうなんでしょ?

イタリア…ナポリ、サンプドリア、ジェノア…。イングランド…ノッティンガム・フォレスト、ブラックバーン・ローバーズ…。ドイツ…1FCケルン、ボルシアMG…。もうお分かりですね。今挙げたクラブは全てそれぞれの国でリーグ優勝を果たしていながら、現在はトップリーグにいないチームです。負け惜しみとか、栄枯盛衰とかそういうんじゃなく、歴史は流れる(栄枯盛衰か、やっぱ)、昨日も今日も明日も世界中のどこかでサッカーが行われているということ、です…。栄枯盛衰といえば、フィオレンティーナが3年位前にB落ちしたとき、それまでずっとセリエAでやってきて史上初めてB転落とか言ってずいぶん騒いだことを思い出しました。一度もBに落ちたことがないのは確かインテルとユベントスだけでなかったでしょうか…。ぼくの後ろに道はできる…。長く続けていくべき歴史の上では、まだJリーグは年齢でいえば黄色い帽子をかぶった小学1年生です…。Jの旗が国立のバックスタンドを埋めてヘンな人形に空気が入っていくあの産声をあげたときのことを思えば、大きくなったねぇ、という言い方もできるかもしれませんが。

(1999.11.25)

LONG WAY HOME

ベルマーレ、J2降格が決定してしまいました。悔しいけど降格に値する成績しか残せていません。ステージ最下位はこれが初めてではありませんがここまでの低迷は初めてのことです。来年以降のビジョンはまだ不明ですが、できれば、今の若い選手たちには残って欲しい、J2より下へ落ちることは今のところありませんから腰を落ち着けて強いチームを作って欲しい、そしてまたJ1の舞台で戦って欲しいと思います。この経験はきっと将来実りあるものになるでしょう。たまたまはずみで残留できてのほほんとしているようなよそのチームの選手よりも強くなれるでしょう。今試合に出ている選手たちの年齢の頃の自分を思い出すと本当にみんな気丈に頑張ったと思います。今いる選手たちがベルマーレでプレーを続けたい、あるいは若い選手が新しくベルマーレに入りたい、そう思ってもらえるようなチーム作りをお願いしたいですし、そのために自分も少しでも役に立ちたいと思っています。

(1999.11.21)

renewal?

ベルマーレが2000年2月から「湘南ベルマーレ」と名称変更されると新聞の片隅にひっそりと掲載されていました。それに合わせてというわけではありませんが、このページも大きくモデルチェンジしようかどうか悩んでいます。自分のパソコンにはフォルダだけは作ってあります(^_^;)。そろそろモチベーション的に一から作り直すべき時期かなとも思っていますんで…。

(99.11.17)

初雪便り1999

私の住む花巻では今日初雪が降りました。タイヤ替えなきゃ…。そういや一昨年はUAEとの試合から帰ってきたときが初雪だったな…。

(99.11.17)

Addicted to you

ギャルネタ(なんかオヤジだね)2発(にはつってなんだよ)。先日のカザフスタン戦では、10月まで平塚市から花巻市へきていた方と観戦しました。彼女は「今日からヒデのファンになりました」などと周りのサポーターが聞いたらかかとの一つでも落としたくなってくるであろうことをしゃべってはいましたが、めったにない素敵な瞬間に立ち会えたことは自分でもわかったらしくこんな大きないい試合が観られて良かったと喜んでいました。新宿駅でちゃんと小田急線に乗れたか心配…。一方、中国から来ている方に「サッカー残念だったね」と話したら話をそらして今日本でやっているバレーのことしか話さず「ナカタ知ってる?日本は強いでしょう」とか話しても無視。しまいには「Don't speak about soccer」と怒ってしまいました。日本と中国のユニフォームを交換しようかとか考えていたのですがやっぱやめようかなと思いつつある今日この頃です。

(99.11.13)

conductor

てなわけで、日本はシドニー行きを無事決めました。地元に帰ってきてから何度も「面白かった」、「楽しかった」、「いい試合だったよね」と言われ、実際そうだったんだろうなとは思いましたが、1点先制された状態で迎えたハーフタイムは内心焦りまくっていました。「やべえ、これじゃ何しに行ってきたんだって言われちまう、そのぐらいならいいがお前が行ったから負けたんだって絶対に言われる、つーかこれ落としてアウェーのタイって結構きついものがあるぞ」とそこまでマイナス思考していました。一応それだけではなく、打開策もハーフタイムに自分なりに考えてみたのですが、結局削られてもストーキングされてもいいからとにかくヒデに集めろ、あのストーカーはもう1枚(イエローカード)もらっているから、20分もすればいなくなってくれるだろうって程度のことしか頭に浮かびませんでした。後半が始まってトルシエの採った手を見てこれならなんとかいけるかも、と思いました。采配に関してはやはり私は素人です。まともな大人のものとは思えない発言も伝えられていますが、本業であるチームの監督という部分について、とくに試合中の戦況判断とその対応策はさすがだなと思いました。

(99.11.10)

いざ!

というわけで(なにが?)、6日のカザフスタン戦に行ってきます。2年前のあのしびれるような緊張感こそありませんが勝ってシドニーを決めようと思います。近年まれに見る素晴らしいチームの国内最後の公式戦、そしてヒデ、敬意をもって見守りたいと思います。「LOVEマシーン」を熱唱しようかな…(^_^;)。F1では松本孝弘だったからサッカーではぜひ稲葉浩志に君が代をお願いしたいな…。浮かぶのゴミネタばっかし…(^_^;)。

(99.11.05)

PRIDE OF SHONAN

先日のセレッソ戦、8ゲから走れ動けと声が出たとか。これは分かります。あそこからなら走れていない、動いていないというのはけっこうわかると思います。ただ、選手がプレーに集中できる環境にないことも伝えられているんで、もしそうだとしたらチームを運営する側はもう少し考えてあげて欲しいと思います。どんな状況にしろ、プロサッカーチームである以上勝ってなんぼです。事実上のマジック1ですが、(J2が)確定してしまっても残り試合には全力を傾けて欲しいと思いますし、これからベルマーレをどうするかという活動(動きが活発になってきていますね)とクラブの実戦がかけ離れるようなことがないよう願います。

(99.11.01)

MONO-LOGへ

八咫烏トップページへ