OS更新

ついにWindows XPを入れました。よくできてるとは思うけど、下のスタートボタンは何とかならないのだろうか。新しいものを取り入れたいので、意地でもクラシックスタイルにはしませんが…。

(2001.12.29)

危機

大丈夫かなぁ、アルヘンチーナ…。

(2001.12.24)

べんきょう

W杯出場各国の公認キャンプ地選定をめぐって、出場国から足もとを見られて滞在、移動費用などをたかられている自治体、法外な値段でW杯のチケットをオークションサイトに載せる輩、それに食いついてしまう輩、前例があるからといって法外な値段でチケットを売ってしまう主催者、まったくつながらない2次販売の電話…。W杯をめぐっていろいろな事件が起こり始めています。というよりも、これももうW杯の一部であり、既にW杯は始まっているのかもしれません。これらのやり取りを通じて、多くの日本人が国際経験を積み、学習して、逞しくなっていってもらえればと願います。

(2001.12.17)

再会

ベルマーレは最も空しい形で暇な年末を迎えてしまいました。何が残念だったかというと、平日夜に鹿島と天皇杯を戦えば、普段ベルマーレを見られない人たちにニュース、あわよくばテレビ中継でベルマーレの今の姿を(良きにつけ悪しきにつけ)見せることができたのにと思うのです。見たからといって特別な感情がわきあがる人がいるとはあまり思えませんが、それでもいいから見てほしい、と思っていたものですから…。とにかく、残念です。

(2001.12.10)

Rhapsody 第2楽章

W杯チケットの2次販売が始まりました。上の空で長い1日がもうしばらく続きます。

(2001.12.10)

THE FUTURE IS MINE ! (YEAH!)

これで勝ち上がれないのなら、力があると認めてもらうことはできない、というような組み合わせになりました。

(2001.12.06)

抽選大っ嫌い

4年間ずっと、W杯のチケットには見放され続けているような気がします。

(2001.12.06)

わな

トヨタカップを見ていて他人事ながら気になったことというか、心配だなと思ったこと。例の退場シーンです。アルゼンチンは長い年月をかけてあの手のよくマリーシアと呼ばれるシミュレーション行為をやらずにいられないプレースタイルになったのでしょうが、どんな審判かをよく見てから判断しないと、この間の試合や前回フランスW杯のように自滅へのトリガーを引いてしまいかねないなと思いました。さらにアルゼンチンにとって苦しいのはアルゼンチンはああいったシミュレーションのようなことをやる、と審判にあらかじめ決めつけられてしまっていることでしょう。アルゼンチンは3大会連続で退場者を出し(94年は大会からの退場者を出してしまった)敗れているわけで、力及ばず敗退したわけではありません。優勝候補と呼ばれる今大会も、敗れるとすれば、サッカーそのものではなく、自ら仕掛けた罠に自らはまる形のような気がします。そうならないことを祈ります。ああいったプレーを見せ退場者を出し不利な戦いを強いられているのにそれでもなおマリーシアを推奨しているようなトーンのテレビ中継のゲストには閉口してしまいました。

(2001.11.30)

快適です。

やっとADSLが使えるようになりました。

(2001.11.30)

プレ)イングランド応援宣言

W杯の出場国もすべて決定、いよいよ12月1日は運命の組み合わせ抽選です。日本の対戦相手がどこになるのか、私もだんだん心臓がバクバクしてきました。実力がぱっとしないところと当たって、決勝トーナメントに勝ち上がりたいという気持ちがあるのはもちろんですが、一方で世界に名だたる強豪とぜひ対戦したいという気持ちもあります。名指しで言わせてもらえば、イングランドかポルトガルでしょう。ていうかこいつらは日本か韓国の組に入りたいと思ってるんでしょうね。それから、抽選終了後に態度が変わるかもしれませんが、日本のほかに応援したいチームとしてそのイングランドを挙げておきたいと思います。理由はもちろん素晴らしい選手がいること、そしてこないだイングランドに行ってきて親近感がある、ということです。

(2001.11.26)

中間地点

まだ全部決まったわけではありませんが、ワールドカップ予選も大詰めとなってきました。欧州のプレーオフもスロベニアを除き、願望はともかく順当な結果となったといえるのではないでしょうか。ただ、今回の予選のクライマックスを見ていてはっきり言えるのは、前回の日本の出場決定のシーンがいかに劇的で感動的であったかということはないでしょうか。先に述べた欧州プレーオフが延長に入らなかったこともあるのでしょうが、やっぱりジョホールバルというのは世界でもまれな劇的瞬間だったと思います。そのジョホールバルから4年、そして次訪れるであろう歓喜のシーンまであと4年です。

(2001.11.18)

人生でも特別な1ヶ月なんだ

TSTは不受理だったけど、どうもワールドカップの試合を1試合くらいは見ることができそうです。

(2001.11.18)

ミーハー

アズーリは、テレビで見るよりずっとかっこよかったです。

(2001.11.11)

Good Luck !

アズーリ迎撃に行ってきます。

(2001.11.06)

りんね

大詰めを迎えたJ2の昇格争い、J1の降格争いですが、自分の願いは「日本全土にチームが満遍なく散らばること」です。だから、仙台か山形(仙台はかなりいけそうですね)には東北初ということも含めてぜひ昇格してもらいたいです。うちから2時間ちょっとでJ1が見られるなんてとても嬉しいです(私よりも恵まれない人もたくさんいることを、私よりも恵まれている人は知ってもらいたいな)。でJ2に降格してもらいたいチームは(以下略)。もっと理想を言えばJ3とその下の地域リーグくらいまであってJ2のチームもマッタリできないような環境になり、私が住む地域のような「J不毛地帯」がなくなることなんですけどね。

(2001.10.31)

誕生日おめでとう

24日は自分でも思い出せないくらいの第何回目かの誕生日だったのですが、風邪をひいてしまったのれす。風邪などひいてませんか?どうか体には十分気をつけてくらさいなのれす。早く直って復活したいのれす。

(2001.10.26)

好敵手

しかし、あの国は本当にプレーオフが好きですねえ。アイルランドと戦うとなったとき、日本よりも可能性は感じさせてくれるんですけどね。ただ4年前のように日本と試合をしたら、日本がやっぱり勝ちそうですけど。

(2001.10.26)

見果てぬ夢

残念ながらベルマーレの来季の昇格が消滅してしまいました。夏場のスランプが大きく響きました。夏場の不調の波を小さく抑え、五分くらいで戦えていれば昇格争いに加わり続けていられたと思います。ヒデのスポンサードとかいろいろ難しい問題がありますが、来年もがんばって、J1に上がることを目指してもらいたいと思います。

(2001.10.21)

11.07日伊戦参戦決定!

チケットゲッターの徒労とも言うべき執拗なコールの嵐をかいくぐり、幸運にも11月7日のアズーリ戦のチケットを入手できました。私は札幌やら海外やらと遊びほうけているので、特段高いモチベーションではないのですが、仲間は久しぶりの代表、しかも対戦相手はアズーリということでかなり気合が入っているようです。世界情勢を理由に一線級が来ないという話もありますが、もし危険であればイベントは中止すべきであり、メンバーを落とすというのは別問題のような気がします。同じ人命には変わりありませんから。つーかオレはローマの10番だけは何としても来てほしい。彼には言いたいことがある(笑)。

(2001.10.14)

涙の数だけ

このウィークエンドで来年のW杯出場国が一気に決まってきました。いよいよ役者がそろってきたという感じでしょうか。まずイングランド。生中継を見ていましたがど緊張しまくりでこの出来じゃ無理かなあと思っていたところに最後の最後であのベッカムのFK。イングランドは時々W杯出場を逃しているせいか、あるいはドイツと同居したからか、W杯に出場できることのありがたみを知っているらしくお客さんのリアクションも好感が持てました。ただ、プレミアリーグの応援様式をそのまま持ち込んでおり、苦しいときに背番号12としてどう後押しをしていくかというノウハウは、日本のほうが上を行っていると思いました。そしてアズーリ。ホームでケチくさく勝っていかにも出て当然といった雰囲気で好感が持てませんでした。こういう国には苦労してもらって出場できることのありがたみを知ってもらいたいです。でも、これで来月の来日が決定。Bonjour Nipponの今年最大の目標となります。ほか、ポルトガルやロシアなども出場を決めました。ロシアはわけあって注目しています。選手はあまり知りませんが…。そして中国。毎年職場にやってくる中国からの研修生に「今度中国はW杯に出られると思うよ」と言い続けてきた私の予言は当たりました。中国はこれから強くなっていくのでしょう。アジアのレベルが上がるのは喜ばしい一方、厄介なのが出てきたなという印象もあります。時代は暗い影を落としていますが、来年のW杯が世界に平和を呼ぶような祭典になってほしい、大会が実施できる世の中であってほしいと切に願います。

(2001.10.08)

倫敦塔

特別企画ということで英国旅行をしたときの印象を綴った「MONO-LOG@UK」を掲載しました。帰国して1週間以上たち、記憶も薄れてきているのでなるべく忘れないうちにいろいろ書き記したいと思います(現地でメモすらとらなかった)。旅を時系列で追うわけでもなく、サッカーに関係のないこととかも書いたりすることになると思います。よかったらお付き合いください。ページの見出しはネタはあるんだけど本文を書いていないもので忘れないようにしておくためのものです。

(2001.10.08)

4th Anniversary

このホームページも4周年を迎えました。1年前と同じく、必死でやるつもりもありませんが、やめるつもりもまったくありません。今後ともどうぞよろしくお願いします。旅行の復命ということで1発目から真打ち登場、オールド・トラフォードをのっけました。

(2001.10.03)

生還

というわけで、予定通り29日に無事帰国しました。ほぼ頭にイメージしていたことができましたし、現地も空港も飛行機も平穏そのもの、変わらぬ日常生活を送っていました。無理をしなかったので大幅には増えませんがスタジアム写真館には週1ペースでカットを追加していきたいと思います。繰り返しになりますが、米軍などが軍事的実力行使を行わない限り、大丈夫です。入れ替わりになりますが、日本代表の皆さん、そしてスタッフの皆さん、気をつけて行って来てください。現地で感じたこと、起こった事実もこれから折に触れここで書いていこうと思います。

(2001.09.30)

God Bless Me

20日から29日まで旅行に行ってきます。どっちにしろ今あまりこのページは更新していません(しかもつながりにくい)が、旅行期間は更新できなくなりますのでご了承願います。旅行先のインターネット環境がよければ、現地レポートを掲示板にでも書き込もうと思います。こういう時期ですので不安な気持ちで旅行に出かけるわけですが、少しでも「サッカーの母国」を楽しんで来たいと思いますm(__)m。

(2001.09.19)

やっつけ仕事

最近調子がよいのでほめようと思ったら引き分けてしまいました。<ベルマーレ。今、仕事でむったりFrontpageを使っているので、帰宅してあまり起動する気にならないっす。

(2001.09.16)

予言者たちはこれも言い当てたのでしょうか?

大変なことになりましたね。W杯のベニュー(開催地)はセキュリティ対策をいっそう強固なものにしなければなくなるでしょう。こういったものには絶対に屈してはならないと思うから、延長とかしてほしくないんですよね。<チャンピオンズリーグ…。とにかく絶対動揺を見せないこと。ツーカエンチョーサレルトコマルヨー。

(2001.09.12)

Road to Broadband

いま、フレッツADSLに切り替えようとしているのですがトラブっててインターネット自体ろくにできません。更新頻度がしばらく落ちますがご了承願います。

(2001.09.12)

予選クライマックスの光と影

W杯予選もいよいよクライマックス。私もスカパーのライブでチューリップの散り際をつぶさに見ました。W杯の彩からあのオレンジが消えるのは確かに残念ではありますが、あれだったら別に来てくれなくてもいいなとも思いました。ネームバリューよりも予選で好成績を残したという事実こそ尊重すべきだと思います。オランダ国民のほとんどが「俺が監督をやったほうがましだ」と思ったであろうことがはっきりわかる稀有な試合でした。ジョンブルとゲルマンの二つの魂のぶつかり合いはリピートで見ましたが、反則です。ワンダーキッド。あれを止めるにはレッドとともに刺し違えるしかありません。あの出来ならフランスと渡り合えるかも。あと2試合、曲者が残っていますが、ホームで粉砕し、ぜひ日本に来てほしいです。もっと面白そうなのがアジア。既に2人かな。監督の首が切られたようです。デモナンカタノシソーデウラヤマシイヨー。

(2001.09.03)

プレミア天気図

ヨーロッパ各国のリーグも開幕しました。足踏みしているマンチェスターUは、守備力がダウン、補強をしてもあっさりとは解決しないでしょう。前線はよい補強をしたので、カギはヴェロンが握っているといったところでしょうか。見てていいなと思ったのはリバプールとリーズ。欧州戦線との兼ね合いが難しいですがチャンスは十分。開幕ダッシュに成功したボルトンですが、はっきり言ってフロック、中間地点でつぶれてしまう逃げ馬を見る思いです。だからアキにもチャンスは必ずやって来るでしょう。そのときに浮上するか沈没するかのカギを握るのはアキではないでしょうか。つーかイングランドばっかですみません。あ、ガナーズ忘れた。もちろん、フェイエノールトもパルマも見てますよ。

(2001.08.30)

せめて一言言ってほしかった

ついさっきFIFA ANTHEMのCD(日韓サポーターのやつじゃないっすよ)を買って聴いてみましたが、買うほどのもんではありませんでした(っていったら作った人に怒られるか)。やっぱりオリジナルに勝るものはありません。スタジアムで流れるやつとはアレンジが違いますので買うときは気をつけましょう。

(2001.08.25)

FANTASISTA ANTHEM

昨夜はフェイエノールトの生中継をだらだら見ていました。もちろん後半残り10分からは心臓ドッキドキ、そして、よっしゃーざまぁみろって感じでした。まだほかのチームは小野がどんな選手か知らないらしく、Jなら通らないだろうなってパスが通っていました。サイドに張っているだろうという固定観念から5点目のアシストをしたのが小野だと気づかなかった人は私を含め多いかと思います。でも、あんなパスを出せるのは小野しかいないですね。よくよく考えてみれば…。司令塔をおかないのがオランダ流なんてマスコミは書いていますが、確かにオランダの名選手で司令塔っぽい選手はいません(フリットやライカールトはタイプが違います、強いて挙げればファネンブルグくらい?あとは栄光の14番か)けれども、ちょっと前のアヤックスのようにファンタジスタを置くことはできます。実は古典的なファンタジスタの小野信者の私としては、ほんと、彼にがんばってほしいと思っています。オランダリーグのレベルに関して、Jと比べてどうとはいえませんが、イタリアとはかなり違っているなぁとは言うことができます。

(2001.08.20)

やり取りはもちろんすべて英語です

(多分)新しい友達ができた。名前は聞いていない。最近、地元の中学校に英語を教えるために派遣されてきたイングランド人である。出身はリーズ。私のような話し相手にまだめぐり合えていなかったらしく、一気に打ち解けた。ヴィドゥカの名前を出してみたが、案の定彼のお気に入りはキューエルだった。豪州の選手だよねと返してやった。そして核心の、プレミアシップでどこが好きかという問いに、正直者の私は正直に答えると前置きして赤い悪魔の名前を口にした。リーズの人間はユナイテッドは強すぎて皆嫌っていると話していたが、エランド・ロード通いを捨ててまで自分の将来を考え、英語を教えにこんなろくなフットボールクラブもない町に来ているほどの知性ある人だからそれほど怒っているわけではなかった。ユナイテッドの中で誰が好きかと聞かれたので、これも正直にベッカムと答えたら意外にも彼はオレもだと話していた。彼はモヒカンベッカムの新聞の切抜きまで持っていた。リーズのサポーターでもあり、イングランド代表のサポーターでもあるということのようだ。ほか、日本のサッカーの話、テレビ放映の話なんかをした。もしかしたら、うちにスカパーを見に来るかもしれない。部屋を片付けなきゃ。それにしても、リーズで暮らしているなんてなんてうらやましいんだろう…。

(2001.08.12)

やっぱりお姉ちゃんしかいないのか…

ゆうべCDTVでちょこっとEE JUMPの新曲のPVを見た。二人が日韓のユニフォームを着ているシーンだった。もちろんユウキ君が日本、ソニンちゃんが韓国である。この二人には今後、この手の仕事が続くかもしれないのかな。両国の状況がこんなだからこそ二人にはがんばってほしいなって思う。ついでにユウキ君のお姉ちゃんも日本代表のユニフォーム着ないかな。なんだったらオレのを貸すけど…(^_^;)。

(2001.08.12)

2006年大会はもう始まっています

今月からW杯のアジア最終予選が始まるようですが、どこも中継予定はないようです。ガチンコの試合を見られること、この試合に出る選手の多くが2005年のアジア予選にも出るであろうこと、おそらく日本は2005年のアジア予選に出場すること(出場しない場合もあるが、現実的にちと考えにくい)、2005年のアジア予選でほぼ間違いなく今回最終予選にエントリーしている国のどこかと対戦することを考えると、これを中継することのメリットは十分すぎるほどあると思うのですが…。

(2001.08.05)

あわててリリースにつけたしなどしないように。

ディナス獲得は結構な話ですが、順番が違いませんか?背番号7が2人いますよ。

(2001.07.31)

一応、抜けましたが

長いトンネルです。夏バテといった方がいいのでしょうか。天童で私が見たのが最後の勝利だなんて…。

(2001.07.26)

転居のお知らせ

というわけで、引っ越しました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

(2001.07.22)

みんな賭け方がうまくなってきたと思われ。

toto第1ステージの戦果。J1第1ステージの最終節では3等を2本ゲット(でも赤字)。ということで1等1本、2等5本、3等15本(1等のおまけで釣れたものを含みます)でした。 15回中、3等以上を的中させたのは4回。収支はちょっと口にはできません。ひどすぎて…。

(2001.07.22)

お知らせ

近々、サーバーを引っ越そうと思います。アドレスも変更となる予定です。フレッツADSLがこちらでも使えるようになること、アップロード時の障害、ホームページ容量を勝手に変更されるなどサービスの低下が理由です。今のドメインは田舎くさいといえば田舎くさいのですが、みちのく岩手から発信していることが伝わるので気に入っていたのですが。

(2001.07.14)

10,098

ついにtotoの1等が当たりました!賞金はご存知のとおりですので、どうか寄付依頼のメールとかはよこさんといてください。まず無理だろうと思っていた1等を当てたのは金額はともかく本当に嬉しいものです。ダブル5つで買っていたので2等5口、3等10口も同時的中です。ベルマーレ?ダブルで抑えていたんです(^_^;)

(2001.07.08)

FORZA ! NANJO

私が幼少時代を過ごした地域にあるスポ少が今度よみうりランドで行われる全日本少年サッカー大会(でしたっけ)に出場することになりました(私が幼少のみぎりにはサカーのスポ少なんてなかった。私も野球少年でした)。県大会でも上位の成績を収めなければ出場できない、非常にステータスの高い大会への出場ですので、いい経験、いい思い出をしてくるよう期待したいと思います。月並みな言葉しか浮かびませんが、がんばってきてください。そしてこのチームの監督をしているのがBonjour Nipponで行動を共にしている仲間で、選手やその父兄にトルシエと呼ばせたり私に「サー」と呼べなんて言ったりしていますが、なんか傍から見ているとにわかに知り合いが増えているような感じがします。当人はそれをさほど悪く思っている雰囲気はないようですが、なんだかなあと思ってしまいます。

(2001.07.08)

北海道シャララ

北海道に行ってきました。超楽しい旅行でした。札幌ドームに行って、日本代表も見て(しかもスカッと勝って)、ラーメン食って、羊ヶ丘展望台にも行って、厚別公園にも行って、室蘭にも行って(滞在30分だけど)、ハロープロジェクトのお店にも行って、飛行機にも乗って、これ以上ないほど幸せでした。スタジアム写真館の北海道三部作は順次アップしていきたいと思います。札幌ドームと室蘭の一部はこれまで掲載した写真とはやや違った趣向を凝らしてみたいと思います。

(2001.07.03)

♪ホンノ少しだけ

札幌ドームの印象のうちネガティブなものを。ドームの周辺など外側については特に問題となるようなことは感じませんでした。アクセスもよく運営もそれほど悪くはありませんでした。ただ、スタジアム内でちょっと気になったことが三点。1つは最前列に観客を入れていたこと。最前列に座った人は喜ぶでしょうが、フェンスの下はコンクリート剥き出しで怖いと思いました。2人乱入する事件がありましたが、そういうのは落っこちてもらって取り押さえるとして、何かアクシデントがありパニックに陥った場合、後ろの列の席から観客が前の方になだれ込むような不可抗力のケースだと前列の人の逃げ場はフェンスの向こうになるわけで、座席によってはフェンスの高さが5mくらいあるところもあり、危険だと思いました。二点目、デジタルの計時がありません。アナログはありますが、不便です。SBOなんていう野球用のランプはあるんですけど。三点目、ドーム内部が暗いです。東京ドームのようにデイライトを活用するという発想がないスタジアムなのですが、座席もチャコールグレーで全体が暗く感じました。おまけ、ゴールラインを割ったボールのマルチボールがスムーズではありませんでした。天然芝をドームの中に入れるというよりは、「天然芝が植えられたサッカーフィールドサイズのプレート」をドームの中に入れるといったほうが正確で、ゴールラインの後ろにある看板を越えてボールボーイが中に入りにくいようになっていました。今後の改善に期待しましょう。

(2001.07.03)


八咫烏トップページへ